一個魔法師的傳說之第九卷(城被侵佔後)

第九卷(城被侵佔後)

小小:你們是….

女孩們一起說道,我們是小夏的守護者!

召喚師樂樂、防禦戰士晶晶、牧師露露、大戰士天宇、攻擊法師阿迪、輔助師天啟!女孩們都自我介紹了一下!

回吉林城的路上小夏一直對露露說給所有人都釋放一下剛剛給小航釋放的治療法術,但是露露就是不肯,一直以這是專門給我留下的法術,叫大恢復!就是不肯給他人使用!小夏也說了都給小航用過,其他人為什麼不行?露露什麼也不說就是不肯~!最後欣欣問了露露,這個法術的原理、結構以及釋放出來的的樣子,統統讓露露講解展示一下看看!欣欣本想畢竟法術都是靠想象為主的其他的都是輔助,想著露露不願意那就自己學會後自己自己來給眾人釋放大恢復,只可惜,知道了原理和法術結構最後配合露露釋放給我時的狀態樣子表現,欣欣也釋放不出來,小小也看著進行嘗試,可惜全部都不行!就連瑤瑤這個牧師職業的也不行!我看著露露一次又一次重複對我的使用,我就說拿小小、欣欣、瑤瑤做展示,別總是拿我做展示啊!這樣不僅僅能展示還能給他們恢復~拿她們展示不也一樣?為什麼總拿我重複拿我做展示多浪費!露露拿著這是屬於我的法術,只能給我使用!不管我如何的說她就是不肯,我問她們為什麼叫我主人,她們也不說,只回答主人就是主人沒有什麼為什麼不為什麼!最後我換來的就是小小、欣欣、小航、瑤瑤對我投來了異樣的眼光!無語的我只能表現出來無奈!小夏一行人終於看到到了吉林城的大門,疲憊的小小、欣欣、瑤瑤都沒有被露露釋放過大恢復而導致體力嚴重不支的想盡快回到欣欣那裡休息,連飯都不想吃,就想躺床上睡覺!只有被露露持續接二連三釋放過大恢復的我和釋放了一次的小航再加上樂樂她們我們幾個精神百倍!欣欣說,大家都先回城去我那休息,然後吃個飯,要好好謝謝樂樂她們!沒她們最後什麼結果還不知道呢~就這樣~眾人和往常一樣一個人一個進入走過了除魔門的走廊,只有小夏被樂樂她們纏著一定要一起走,安全!(心裡想著,畢竟自己眾人被救的,特別是自己,如果沒晶晶的突然出現幫我擋下最初對我攻擊的魔物自己早升天了!自己可是被莫名其妙的來弄來的死了的話會怎麼樣,自己也不知道,她們真要是想害我,那當時救我做什麼,沒有晶晶當住那一下第一個升天的就是我)信任一下救過自己她們的也是應該的!而且看樂樂她們的實力我們所有人加一起都打不過她們其中的一個吧)想到這些,小夏也就不想那麼多了,一起就一起走吧,反正自己是被晶晶救的,無所謂了!然後就和她們一起走向了除魔門!我們一起回到了欣欣所住的地方!

樂樂:在這裡休息?

小夏:是呀,這這裡是欣欣的家!

樂樂:安全嗎?

欣欣:放心吧,這裡是城內,沒危險的~進屋吧~你們為什麼覺得城內不安全呢?

小小:這次也真的萬萬沒想到,我出城居然會發生這種事,如果我在,也不至於一個倖存者也沒有,不管能不能守住城,至少也不至於一個倖存者也沒有,疏散一下人群,至少也能守一下堅持到天亮等到支援,多一份力和少一份完全不同!

小夏:師傅事情已經發生了,就不要那麼自責了!誰也無法預知未來!

欣欣:你要是自責,那我豈不是罪魁禍首?我要是不那麼急著見小夏,讓你們過來也不會發生這事~

小夏:師傅,你們誰也不要自責了~發生的事情誰也解決不了!你們都快去休息吧~我和小航一起去準備吃的,一會你們起來就吃飯~

瑤瑤:瑤瑤拉著小夏的手說道,我也去!

小夏:你得回去休息,你看你,站著都哆嗦~

小航:妹妹回去休息吧,昨天你為了哥哥太辛苦了,魔力都耗盡了,再這樣下去就會傷到命值的~

瑤瑤:但是我~

樂樂:像你哥哥說的~你現在跟著會掉生命值的~放心吧,有我們跟著~不會有事的~一會我們就回來了~

瑤瑤:非常不情願的說好吧~然後就隨著師傅她們去休息了!

我們就一邊聊一邊去看看能準備些什麼而採購去了~

瑤瑤看起來累得不行, 搖搖晃晃的回去了~看著瑤瑤我很是心疼瞬間想起來各種各樣的我倆之間的事~

小夏:我看向露露,給她用下那你會的大恢復法術真的不行嗎?看看她都累得哆嗦了~

露露:她不是回去休息了嘛~

小夏:但是也太危險了~稍微不小心就會受傷的,那就真的失去命值了!

露露:看向瑤瑤,猶豫了一下看著回去房間的瑤瑤的身影!然後後看向樂樂和天啟!

樂樂:(小型骷髏、貓骨兵-魔鴉、隱形術)你們跟好她,保護好她!樂樂笑瞇瞇的看向我,好像在等待著我的誇讚!

天啟:讓瑤瑤身上多次閃出不同顏色的光膜!

小夏:你倆笑瞇瞇的看著我做什麼?你讓誰跟著她保護她?那些閃出來的光膜是什麼?

樂樂:嗯?主人你看不到它們?不認識那些光膜?主人,你這是….逗我倆?

小夏:什麼啊?什麼看不到它們?那些光膜是什麼啊!露露也沒給瑤瑤她用大恢復,她那不是回屋了嘛!我還看到什麼啊?

小夏和小航都一臉疑惑的看向樂樂!

樂樂:什麼啊,都能叫我們來,卻看不到它們?它們給他們的隱形術對你應該無效,天啟的法術你也應該都知道是什麼作用啊!,主人你….樂樂對小航說叫人去保護你(小航)妹妹了,天啟也給你妹妹加了不受buff,怕你妹妹受傷,主人不開心!

小航:嗯?

樂樂:別問別好奇了,你就放心好了,現在你妹妹很安全!

小航:啊,那好吧~昨天我好想隱隱約約我都感覺到她要用獻祭!

小夏:什麼?獻祭是什麼意思?

樂樂:獻祭用自己的生命換取一次頂級魔法使用權利!如果用出滿級的詛咒系列的法術,對方必死無疑,只能活到法術生效!

小夏:什麼!!!瑤瑤居然要使用這種魔法!為什麼?

樂樂:沒辦法,他(小航)已經不行了,基本就和死了一樣~估計應該是因為他(小航)氣得想拉著對方一起死吧!

小航:不管怎麼說,謝謝你(小夏)救了我和我妹妹!謝謝!不要謝我,要感謝她們,是她們救了咱們!

小航:謝謝你們,謝謝你們救了我們!

不用,你們出意外主人也會不開心的,大家去採購吧!

眾人去進行了大採購,食品基本上都是能補充魔力和提升命值的食物,回到家,把食品材料都交給了欣欣家裡的僕人,讓她們負責準則主要的,我們眾人則做一下次要的!就這樣忙了好一陣,終於全部完成, 剩下的就是等師傅他們起來一起吃了~

這時,我突然想起,露露會那麼厲害的大恢復魔法,那露露的普通的治療術是不是也很厲害?我立刻問露露!

小夏:露露,你的大恢復法術不願意給其他人用,那你說你還精通各種治療術,那其他的也不願意給其他人用嗎?

露露:不是,除了大恢復法術都可以給別人用!

小夏:啊啊啊!我真笨,那剛剛怎麼忘記讓你給瑤瑤釋放兩下治療再讓她回去休息!

樂樂:主人,接受了露露的治療法術,恢復了表面上的精力一定會跟著的,露露的治療和她的大恢復不同,命值無法恢復,命值只能靠養才可以恢復的!

小航:讓她回去好好休息才是正確的!她已經傷到命值了!不回復一下不行的,這也是為了她好,就像她(樂樂)說的,那丫頭我在了解不過了,100%會跟著!特別是有你的情況!你沒看到她回去時那個不情願的表情!

小夏:我就是擔心她!不想你倆再受到傷害!晶晶、露露、樂樂救過我兩次了,我也不希望你們受到任何傷害!黑龍江城的事我再也不想發生了!

樂樂她們:主人(小夏)放心吧,不會再發生的,我們現在更擔心的是你這麼失憶了?

小夏:我也不知道,好多事都不知道,只記得我躺在大魔琳裡睡覺,起來後什麼也不記得,語言也不通,走出大魔琳後就遇到的瑤瑤,然後是小航、昨天認識的欣欣和一路!這就是我全部記著的,像昨天的我也沒印象,一會還得問我師傅看看到底發生了什麼!(我從地球中國來的,這麼可能知道這裡的事)!!現在連黑龍江城也失去了,就像欣欣說的,已經無家可歸了!只能先住在這裡打擾欣欣師傅了~以後的事情就看看師傅有什麼安排了~

樂樂、晶晶、露露:放心吧,有我們,不會再有黑龍江城的事發生了~

小夏:嗯?你們打算跟著我們?

樂樂、晶晶、露露:當然!你是我嗎的主人,我們是你的守護者,不能讓你受到任何傷害!

小航:你們這麼重視小夏,還說自己是小夏的守護者,這是怎麼回事?為什麼這麼說?你們知道小夏的身份?知道他的相關信息?

樂樂、晶晶、露露:我們是護主人的守護者,是他叫我們來的~

她們說的,和沒說一樣!這樣的溝通依然了解不到任何有用的信息~


標籤:小說網站美食網站


上一卷:一個魔法師的傳說008

下一卷:一個魔法師的傳說010



google translate japanese

第9巻(都市が占領された後)
Xiaoxiao:あなたは…
女の子たちは一緒に言った、私たちはシャオシアの守護者です!
召喚士レレ、防御的な戦士ジンジン、司祭ルル、偉大な戦士ティアンユー、攻撃魔道士アディ、アシスタント黙示録!女の子はみんな自己紹介しました!
吉林市に戻る途中で、Xiaoxiaは全員がXiaohangに解放されたヒーリングスペルを解放することをルルに伝え続けましたが、ルルは拒否し、それは私に特別に残された呪文だったので素晴らしい回復と呼び続けました!他の人がそれを使用することを拒否するだけです! Xiaoxiaはまた、Xiaohangで使用されていると述べましたが、なぜ他の人は使用できないのですか?ルルは何も言わないで断る〜!最後に、XinxinはLuluに尋ね、Luluにこの呪文の原理、構造、および外見を説明させます! Xinxinは当初、すべての呪文は想像力に基づいたものであり、他のものはすべて補助的なものであると考えていました。ルルは自分で習得してすべての人に公開するつもりはないと考えていました。呪文の原理と構造を理解し、最終的に彼女と協力するのは残念です。 Luは彼女が私に解放されたときの状態で示されていましたが、Xinxinもそれを解放できませんでした。XiaoXiaoも監視して試しましたが、すべて失敗しました!プロの僧侶であるやややさんもダメ!私はルルが何度も何度も私の使用を繰り返すのを見て、Xiaoxiao、Xinxin、Yaoyaoを表示するように言いましたが、常に表示しないでください!これは、それらを表示するだけでなく、それらも復元します〜それらを表示することは同じではないですか?繰り返し見せてもらえるのはもったいない!ルルは私に属し、私だけが使用できるこの呪文を保持しています!彼女がただ断っただけだと言っても、なぜ私を主人と呼んだのかと尋ねましたが、彼らは何も言わず、主人は主人であり、何もない、と答えました。結局、私が交換で得たのは、Xiaoxiao、Xinxin、Xiaohang、およびYaoyaoが奇妙な目をしてくれたことです!サイレント、無力感しか見せられない! Xiaoxiaと彼のチームはようやく吉林市の門を見ました。疲れたXiaoxiao、Xinxin、およびYaoyaoはLuluから解放されずに回復しすぎたため、激しい体の疲れを引き起こしました。彼らはXinxinに戻ってできるだけ早く休憩することを望みました。彼らは食べたくもありませんでした。ベッドで寝たい!ルルが次々と解放されて復活が凄すぎる僕、1回解放された小ハング、そしてレレら他だけで100倍元気! Xinxinは、誰もがまず街に戻って休憩してから食事をするべきだと言っていました。最終結果がどうなるかわからない〜こんなふうに〜いつも通り一人で鬼門から廊下に入ったレアに絡まったのは小夏だけで、一緒に行かなくてはいけない! (結局のところ、私の心の中で考えると、結局のところ、すべての人、特に私は救われました、もしJingjingが最初に私を攻撃したモンスターをブロックするのを手伝うように突然現れなかったら、私は早く天国に昇っていたでしょう!私はどうしようもなく殺されました。どうなるかわかりません。本当に私に危害を加えたいと思った場合、彼らは私を救うために何をしましたか?私はJingjingなしで天国に上った最初の人でした。)私と彼らを救った人を信頼しても大丈夫です!そして、レレの強さを見ると、私たち全員が一緒にそれらの1つを打ち負かすことはできません。)これらを考えると、Xiaoxiaはそれほど多くは望んでいません。一緒に行きましょう。とにかく、私はJingjingによって救われました、それは重要ではありません!それから彼らと一緒にスレイヤーに歩いた! Xinxinが一緒に住んでいた場所に戻りました!
レレ:ここで休む?
Xiaoxia:はい、これはXinxinの家です!
レレ:安全ですか?
Xinxin:心配しないでください、これは都市の中にあり、危険ではありません〜入ってください〜なぜ都市は安全ではないと思いますか?
Xiaoxiao:今回、街を出たときにこんなことが起こるとはまったく思っていませんでした。もし私がそこにいれば、都市を手に入れることができてもいなくても、生存者はいないでしょう。少なくとも生存者はいないでしょう。群衆を避難させるには、少なくとも夜明けまで押し続けてサポートを待つことができます。
Xiaoxia:マスターはすでに起こっているので、自分を責めないでください!誰も未来を予測できない!
Xinxin:自分のせいだとしたら、私は犯人ではありませんか? Xiaoxiaに会いたくて不安がなければ、来てくれるように頼んでも起こらないよ〜
Xiaoxia:マスター、誰も自分を責めるべきではありません〜誰も何が起こったのか解決できません!みなさん、もうすぐ休憩します〜シャオハンと私が料理を準備します、起きたらすぐ食べますよ〜
Yaoyao:YaoyaoはXiaoxiaの手を取り、私も行きますと言った!
Xiaoxia:戻って休まなければなりません。あなたはあなたを見ていると、立っていると震えます〜
Xiaohang:姉さん、戻って休んでみましょう。昨日は兄のために一生懸命働いて、魔法の力が使い果たされました。これを続けると、あなたの人生を傷つけますよ〜
やおやお:でもね〜
レレ:兄の言ったように〜従うと健康が失われます〜心配しないで、私たちは従います〜何も問題はありません〜すぐに戻ってきます〜
やおやお:いやいやいやいやいや〜と言って、主人と休憩しました!
チャットしながら準備できることを見に行って買い物に行ってきました〜
ヤオヤオはとても疲れていたので、びっくりして戻ってきました〜ヤオヤオを見てとても困りました。
Xiaoxia:私はルルを見て、あなたが知っている素晴らしい回復呪文を使うことは本当に不可能ですか?彼女が震えている疲れを見てください〜
ルル:休んでなかった〜
Xiaoxia:でも危険すぎます〜気を付けないとけがをして、本当に命を落とします!
ルル:ヤオヤオを見て、彼はためらい、部屋に戻ったヤオヤオの姿を見た!次に、レレと天起を見てください!
レレ:(小さなスケルトン、猫の骨の兵士-悪魔のカラス、不可視)あなたは彼女に従い、彼女を守ります!レレはほめ言葉を待っているかのように、微笑みながら私を見た!
黙示録:さまざまな色の薄いフィルムで何度もYaoyaoを輝かせましょう!
Xiaoxia:ふたりは何を見て笑顔で見ているの?彼女を守るために彼女をフォローするように誰に頼みますか?それらの点滅ライトフィルムは何ですか?
レレ:え?マスター見えませんかそれらの軽い映画を知らないのですか?マスター、あなたは…私たちをからかっていますか
Xiaoxia:何ですか?何が見えないの?それらのライトフィルムは何ですか!ルルはヤオヤオに大きな回復を与えなかった、彼女は家に帰らなかった!他に何が見えますか?
XiaoxiaとXiaohangの両方が疑いを持ってレレを見ました!
レレ:何と呼んでもらえますが、見えませんか?彼らが与える不可視性スキルはあなたにとって効果的ではないはずです、そしてあなたはすべて黙示録的な呪文が何であるかを知っているはずです! 、マスター、あなた…レレはシャオハンに、誰かがあなたの(シャオハン)の妹を保護するべきだと言いました。ティアンキも妹にバフを追加しました。妹が負傷し、飼い主が不幸になるのを恐れているからです!
Xiaohang:え?
レレ:聞いてはいけません、好奇心をそそらないでください。安心できます。妹は安全です。
Xiaohang:ああ、大丈夫です〜昨日、彼女が犠牲になると漠然と感じたかったです!
Xiaoxia:何ですか?犠牲とはどういう意味ですか?
レレ:トップマジックを使用する権利と引き換えに、自分の人生を犠牲にしてください!フルレベルの呪いシリーズの呪文を使用した場合、対戦相手は間違いなく死に、呪文が発効するまでしか生きられない!
Xiaoxia:何だ! ! !やおやおは実はこの種の魔法を使いたい!どうして?
Lele:まさか、彼(Xiao Hang)はもうそれを行うことができません。基本的には死んでいるのと同じです〜それはおそらく彼(Xiao Hang)が怒って彼を死に追いやろうとしているからでしょう!
Xiaohang:とにかく、私の妹と私を救ってくれてありがとう(Xiaoxia)!ありがとうございました!私に感謝しないでください、彼らに感謝します、彼らは私たちを救いました!
Xiaohang:ありがとう、私たちを救ってくれてありがとう!
いや、事故が起こってもご主人様は不幸になるので、買い物に行こう!
誰もが大きな買い物をしに行きました。食べ物は基本的に魔法の力を補充し、人生の価値を高めることができる食べ物です。家に帰ったとき、私たちはすべての食材を新心の家族のしもべに渡し、彼らに主な規則の責任を負わせました。マイナー!しばらくこのように忙しかったですが、ようやくすべて終わりました。残りは主人と彼らが立ち上がって一緒に食べるのを待っています〜
この時、ルルが魔法をとても強力に回復できることを突然思い出しましたが、ルルの通常のヒーリングスキルも非常に強力ではないでしょうか。すぐルルに聞いた!
Xiaoxia:ルル、あなたの偉大な回復呪文は他の人に使われたくないのですが、あなたはまだ様々な治癒技術に長けていると言いますが、他の人にそれを使いたくない人はいますか?
ルル:いいえ、それは偉大な回復呪文を除いて他の人が使用できます!
Xiaoxia:ああ!私はとても愚かです、どうやってYaoyaoに休憩させる前にYaoyaoに2つの治療を与えることを忘れたのですか?
レレ:マスター、ルルのヒーリングスペルを受け取った後、彼女は明らかにルルのヒーリングスペルに従い、見かけのエネルギーを回復します。ルルのヒーリングは回復とは異なります。健康を回復することはできません。健康は回復することによってのみ回復できます。 !
Xiaohang:彼女に戻らせて、ゆっくり休んでください!彼女はすでに自分の人生を傷つけています!返信しないとダメです。これは彼女にとっても良いことです。彼女(レレ)が言ったように、私はその女の子を理解できません。100%がフォローします!特にあなたの場合には!彼女が戻ったとき、あなたは彼女の嫌がる表情を見ませんでした!
Xiaoxia:私は彼女のことを心配しています!二度と傷つけられたくない!ジンジン、ルル、レレは私を2度救いました、そしてあなたに危害を加えてほしくありません!私は黒竜江市に二度と起きたくない!
レレと他の人たち:心配しないで、マスター(シャオシア)、二度と起こらないよ今、私たちがもっと心配しているのはあなたの記憶喪失ですか?
シャオシャ:わかりません。多くのことを知りません。大鬼林に寝転がって寝たことを覚えています。起きた後、何も覚えておらず、何の言語も話せませんでした。大魔林から出て行った後、私は八尾と出会いましたこんにちは、昨日会ったXinxin Helu!これが私が覚えているすべてです、昨日私は印象がありませんでしたように、私は私の主人に何が起こったのか見るように頼まなければなりません! (私は地球中国から来たので、私はここで何が起こったのか知っているかもしれません)! !新興が言ったように、今や黒竜江市さえ失われている。私はここに住んでマスターシンシンの邪魔をするだけです〜将来のために、マスターが手配したものを見てください〜
ルレ、京京、ルル:心配しないで、私たちと一緒に、黒竜江市の事件はもうありません〜
Xiaoxia:えっ?あなたは私たちに従うつもりですか?
Lele、Jingjing、Lulu:もちろんです!あなたは私の主人ですか?私たちはあなたの守護者であり、私たちはあなたに危害を加えることはできません!
Xiaohang:あなたはXiaoxiaをとても高く評価していて、あなたはXiaoxiaの保護者であると言います。どうしてそんなこと言うの? Xiaoxiaが誰であるか知っていますか?彼の関連情報を知っていますか?
Lele、Jingjing、Lulu:私たちはマスターの保護者です、彼は私たちに来るように呼びかけました〜
彼らが言ったことは彼らがしなかったのと同じです!この種のコミュニケーションはまだ有用な情報を知りません〜


標籤:小說網站美食網站


上一卷:一個魔法師的傳說008

下一卷:一個魔法師的傳說010



google translate english

Volume Nine (After the city was occupied)
Xiaoxiao: You are…
The girls said together, we are the guardians of Xiaoxia!
Summoner Lele, Defensive Warrior Jingjing, Priest Lulu, Great Warrior Tianyu, Attack Mage Adi, Assistant Apocalypse! The girls all introduced themselves!
On the way back to Jilin City, Xiaoxia kept telling Lulu that everyone would release the healing spell that was just released to Xiaohang, but Lulu refused, and kept calling it a great recovery because it was a spell specially left for me! Just refuse to let others use it! Xiaoxia also said that they have been used by Xiaohang, why can’t others? Lulu doesn’t say anything but refuses~! Finally, Xinxin asked Lulu, let Lulu explain the principle, structure, and appearance of this spell! Xinxin originally thought that after all the spells are based on imagination, the others are all auxiliary, thinking that Lulu is not willing to learn it by herself and release it to everyone by herself. It is a pity that she knows the principle and the structure of the spell and finally cooperates with her. Lu was shown in the state when she was released to me, Xinxin couldn’t release it either, Xiao Xiao also watched and tried, but all of them failed! Even Yaoyao, a professional priest, is not good! I watched Lulu repeat the use of me time and time again, I said to show Xiaoxiao, Xinxin, Yaoyao, don’t always show me! This will not only show them but also restore them~ Isn’t it the same to show them? Why is it wasteful to show me repeatedly! Lulu is holding this spell that belongs to me and can only be used by me! No matter how I said she just refused, I asked them why they called me the master, but they didn’t say anything, just answered that the master is the master and there is nothing, why not why! In the end, what I got in exchange was that Xiaoxiao, Xinxin, Xiaohang, and Yaoyao gave me strange eyes! Silent, I can only show helplessness! Xiaoxia and his team finally saw the gate of Jilin City. The tired Xiaoxiao, Xinxin, and Yaoyao were not released by Lulu and recovered too much, resulting in severe physical exhaustion. They wanted to return to Xinxin to rest as soon as possible. They didn’t even want to eat. I want to sleep in bed! Only the me who has been released by Lulu one after another and the recovery is too great, Xiaohang who was released once, plus Lele and the others, we are a hundred times more energetic! Xinxin said that everyone should go back to the city to rest first, and then have a meal. Thank you Lele and the others! I don’t know what the final result will be without them~ Just like this~ Everyone entered the corridor through the Demon Gate alone as usual. Only Xiao Xia was entangled by Lele and they must go together, safe! (Thinking in my heart, after all, everyone was saved, especially myself, if Jingjing didn’t suddenly appear to help me block the monster that initially attacked me, I would have ascended to heaven early! I was killed inexplicably. I don’t know what will happen. If they really wanted to harm me, what did they do to save me? I was the first to ascend to heaven without Jingjing.) It’s okay to trust those who saved me and them! And looking at Lele’s strength, all of us can’t beat one of them together.) Thinking of these, Xiaoxia doesn’t want so much. Let’s go together. Anyway, I was saved by Jingjing, it doesn’t matter! Then walked to the Slayer with them! We returned to the place where Xinxin lived together!
Lele: Rest here?
Xiaoxia: Yes, this is Xinxin’s home!
Lele: Is it safe?
Xinxin: Don’t worry, this is inside the city, it’s not dangerous~ Come in~ Why do you think the city is not safe?
Xiaoxiao: This time I really never expected that this kind of thing would happen when I went out of the city. If I were there, there would not be a survivor, no matter whether I could hold the city or not, at least there would be no survivor. To evacuate the crowd, at least you can hold on until dawn and wait for support. It’s completely different between more power and less!
Xiaoxia: The master has already happened, so don’t blame yourself! No one can predict the future!
Xinxin: If you blame yourself, am I not the culprit? If I’m not so anxious to see Xiaoxia, it won’t happen if you ask you to come over~
Xiaoxia: Master, none of you should blame yourself~ No one can solve what happened! You all go to rest soon~ Xiaohang and I are going to prepare food, and you will eat soon after you get up~
Yaoyao: Yaoyao took Xiaoxia’s hand and said, I will go too!
Xiaoxia: You have to go back and rest. You look at you and you are shaking when you stand~
Xiaohang: Sister, let’s go back and rest. Yesterday you worked so hard for your elder brother, and your magic power was exhausted. If you continue to do this, you will hurt your life~
Yaoyao: But I~
Lele: Like what your brother said~ You will lose your health if you follow it~ Don’t worry, we will follow~ There will be nothing wrong~ We will be back soon~
Yaoyao: I said okay very reluctantly~ and then went to rest with the master!
We just went to see what we can prepare while chatting and we went shopping~
Yaoyao looked so tired, she went back staggeringly~ I was very distressed looking at Yaoyao, and instantly remembered all kinds of things between us~
Xiaoxia: I look at Lulu, is it really impossible to use the great recovery spell you know? See how tired she is trembling~
Lulu: Didn’t she go back to rest~
Xiaoxia: But it’s too dangerous~ If you are not careful, you will be injured, and you will really lose your life!
Lulu: Looking at Yaoyao, he hesitated and looked at Yaoyao’s figure who went back to the room! Then look at Lele and Tianqi!
Lele: (Small Skeleton, Cat Bone Soldier-Demon Crow, Invisibility) You follow her and protect her! Lele looked at me with a smile, as if waiting for my praise!
Apocalypse: Make Yaoyao shine with light film of different colors many times!
Xiaoxia: What do you two look at me with a smile? Who do you ask to follow her to protect her? What are those flashing light films?
Lele: Huh? Master, can’t you see them? Don’t know those light films? Master, are you… teasing us?
Xiaoxia: What? What can’t you see them? What are those light films! Lulu didn’t give Yaoyao a major recovery, didn’t she go back to the house! What else do I see?
Both Xiaoxia and Xiaohang looked at Lele with doubts!
Lele: What, can you call us, but can’t see them? The invisibility skills they give them should not be effective for you, and you should all know what the apocalyptic spells are! , Master, you…. Lele told Xiao Hang that someone should protect your (Xiao Hang) sister, and Tianqi also added buffs to your sister, for fear that your sister would be injured, and the owner would be unhappy!
Xiaohang: Huh?
Lele: Don’t ask, don’t be curious, you can rest assured, now your sister is safe!
Xiaohang: Ah, all right~ Yesterday I wanted to vaguely felt that she was going to sacrifice!
Xiaoxia: What? What does sacrifice mean?
Lele: sacrifice one’s life in exchange for the right to use top magic! If you use a spell of the full-level curse series, the opponent will undoubtedly die, and you can only live until the spell takes effect!
Xiaoxia: What! ! ! Yaoyao actually wants to use this kind of magic! why?
Lele: No way, he (Xiao Hang) is no longer able to do it, basically it is the same as dead~ It is probably because he (Xiao Hang) is so angry that he wants to drag him to death!
Xiaohang: Anyway, thank you (Xiaoxia) for saving my sister and me! Thank you! Don’t thank me, thank them, they saved us!
Xiaohang: Thank you, thank you for saving us!
No, your masters will be unhappy even if accidents happen, so let’s go shopping!
Everyone went to make a big purchase. The food is basically food that can replenish magic power and increase life value. When we got home, we handed all the food materials to the servants of Xinxin’s family, and let them be responsible for the main rules. We all do it. Minor! I was busy like this for a while, and finally it was all done, the rest is waiting for the master and them to get up and eat together~
At this time, I suddenly remembered that Lulu would be able to restore magic so powerfully. Isn’t Lulu’s ordinary healing skills also very powerful? I asked Lulu immediately!
Xiaoxia: Lulu, your great recovery spell is unwilling to be used by other people. Then you say you are still proficient in various healing techniques, so are the others unwilling to use it for other people?
Lulu: No, it can be used by others except for the great recovery spell!
Xiaoxia: Ah! I’m so stupid, how did you forget to let Yaoyao give Yaoyao two treatments before letting her go back to rest!
Lele: Master, after receiving Lulu’s healing spells, she will definitely follow Lulu’s healing spells when she restores her apparent energy. Lulu’s healing is different from her recovery. The health cannot be restored, and the health can only be restored by nurturing. !
Xiaohang: Let her go back and take a good rest! She has already hurt her life! It won’t work if you don’t reply. This is also for her good. As she (Lele) said, I can’t understand that girl, 100% will follow! Especially in your case! You didn’t see her reluctant expression when she went back!
Xiaoxia: I just worry about her! I don’t want you to get hurt again! Jingjing, Lulu, and Lele have rescued me twice, and I don’t want you to suffer any harm! I never want to happen to Heilongjiang city again!
Lele and the others: Don’t worry, Master (Xiaoxia), it won’t happen again. What we are more worried about now is your amnesia?
Xiao Xia: I don’t know. I don’t know many things. I just remember that I lay in the Great Demon Lin and slept. After I got up, I didn’t remember anything and didn’t speak any language. After I walked out of the Great Demon Lin, I met Yaoyao and then Xiao Hang, Xinxin Helu, who I met yesterday! This is all I remember, like yesterday I have no impression, I have to ask my master to see what happened! (I came from Earth China, so I might know what happened here)! ! Now even the city of Heilongjiang is lost, as Xinxin said, it is already homeless! I can only live here to disturb Master Xinxin~ For the future, see what the master has arranged~
Lele, Jingjing, Lulu: Don’t worry, with us, there will be no more Heilongjiang City incidents~
Xiaoxia: Huh? Are you planning to follow us?
Lele, Jingjing, Lulu: Of course! Are you the master of me? We are your guardians and we can’t let you suffer any harm!
Xiaohang: You value Xiaoxia so much, and you say that you are Xiaoxia’s guardian. What is going on? Why do you say that? Do you know who Xiaoxia is? Know his relevant information?
Lele, Jingjing, Lulu: We are the guardians of the master, he called us to come~
What they said is the same as they didn’t! This kind of communication still does not know any useful information~


種族介紹人物設定魔物介紹技能介紹法術介紹道具介紹城介紹第一卷返回小說目錄返回動漫壁紙頁返回插畫壁紙頁返回首頁


標籤:小說網站美食網站


上一卷:一個魔法師的傳說008

下一卷:一個魔法師的傳說010


Related posts

2 Thoughts to “一個魔法師的傳說之第九卷(城被侵佔後)”

Leave a Comment

Translate »