一個魔法師的傳說之第七卷(水精靈欣欣所在的城)

第七卷(水精靈欣欣所在的城)

回到家後我也不斷的思考著小航剛剛所說的話~今天的小航確實有點反常~怎麼突然說這麼慎人的話給我聽~我可是一個連魔法都學不會,用不出來的神秘人啊~好慎人~還是先睡吧~

清晨,早早的小航就來找我了~我們吃完飯就去師傅那裡,師傅和瑤瑤也早早的準備好出發了,就這樣我們寒暄了一下就離開了,看著瑤瑤的依依不捨的眼神,我真的不想去去啊~

小小:看什麼?再看也得去~

小夏:師傅:吉林城在哪裡啊~

小小:跟著我來就行了!

小夏:徒步嗎?

小小:你就、很能走嗎?

小夏:不能….

小小:那就跟著我~

小夏:哦,(吉林城是個什麼城呢?有點小興奮,嘿嘿~看看後嘚趕緊回來~瑤瑤還等著我呢)

小小:會騎馬嗎?

小夏:不會~

小小:見過魔物陸甲龜嗎?

小夏:……….是什麼啊?魔物?

小小:是的,已經被咱們類馴服,現在作為高速跨城的交通工具!比馬還快!

小夏:(這看起來有點像坦克)很霸氣嘛,不過既然魔物都能馴服怎麼還那麼怕啊?)很帥氣嘛!

小小:你不覺得可怕?實際上魔物也是分種類的,就和動物一樣,有些是食肉的、有些是食草的!

小夏:哦,明白了,就像馬和虎的的區別!

小小:快上去吧,上去後抓住上面的韁繩就行然後和騎馬人一樣,抽打一下~韁見過人騎馬的時候抽打韁繩起步的樣子吧!那樣就可以了~這樣陸甲龜就會自然的像馬一樣前進了,不過一定要小心,開始開始的時候比較慢,然後就會速速非常的快,一定要抓緊!然後跟著我,看到我減速了我就像人在騎馬時的樣子,往迴拉韁繩~陸傢龜自然就會一點點的減速了~

小夏:我知道了!

就這樣我和小小一起去了陸甲龜的租賃處,小小去交錢領取了2個上面有著標記一樣像龜殼似的東西,然後就領著我來到了陸甲龜的領取處,(這裡不就是個停車場一樣的地方嘛我心想~),把更有這標記的小龜殼交給了管理員!然後選擇了兩個陸甲龜!

小小:那個是你的,你上去試試看看行不行,能不能適應~上去後就像騎馬一樣控制它!看到那甲殼上突出來的東西了嗎?那就是(韁繩),一定要抓緊啊!

小夏:(心想著開了好幾年的車,今天第一次騎馬一樣的東西,哈哈,有點小興奮)

小小:怎麼樣,有什麼印象嗎?能記起來什麼嗎?

小夏:…嗯?什麼?啊,沒什麼印象,感覺第一次見到似的,(當然是第一次見到了,地球哪有這東西,我心想到)

小小:行了,跟我上去跟著我走吧!慢慢的先適應一下,看看自己能不能控制好,先走走、停停,適應了咱就出發!

然後我爬到了我要使用的陸甲龜上,抓住了陸甲龜的(韁繩),走走、停停的嘗試著,可能是開車的原因吧,馬上就適應控制它了!

小小:習慣了嗎?習慣了就慢慢的一點點往左拉(韁繩)!

小夏:(心裡想~這不就是左轉嘛)知道了~我大喊道!

然後我便按照小小說的做,我的陸甲龜一點點的像左開始爬行起來,來到了師傅小小的旁邊!

小小:現在開始像我說的那樣子一點的抽打韁繩往前走,看到前面的那條路了嘛?先走去那!

說完我邊照師傅小小說的走去了她說的地方,我停了下來~只見師傅小小從我側面超了過來!

小小:現在應該習慣點了吧~你的悟性很高嘛!這麼快適應~悟性不高的想學會陸甲龜的使用至少也要7天學轉彎都需要整整2天,你第一次就會,雖然你說沒自己沒印象,但是你的身體卻對它有印象~行了,跟好我往前走吧!

見到小小的陸甲龜往前走了我也趕緊跟了上去!(啊…剛剛走出森林時看到的車輪印旁邊的印跡是陸甲龜留下的啊,我說的怎麼偏移那麼遠呢~)我看到小小的陸甲龜在加速我也趕緊加速的跟了上去~突然,小小的陸甲龜和噴氣式飛機一樣唰的飛了出去,我立刻明白了,小小應該使勁鞭打了,我也趕緊鞭打,哎呀呀呀~沒了韁繩我保證摔進龜殼裡,還好及時拉住了~小小看到我追了上來~樂了一下~

小小:沒摔下去還不錯嘛~哈哈哈~看來你還真是有著騎陸甲龜的經歷啊,你的身體本能的表現出來了!

小夏:什麼本能啊,你也沒說這麼快啊!嚇我一跳~

小小:沒說不是也沒掉下去嗎?這不是本能是什麼?快繼續加速吧,盡快到盡快找欣欣看看你,看看能不能幫你恢復一下記憶!這要是回去晚上個幾天,你的瑤瑤不得天天埋怨我說我不守約定啊~到時候以後遇到什麼她保證那這次來說事~一點不聽話!

小夏:不會的,瑤瑤肯定不會的你是我們師傅嘛~她不會的!

小小:誰不聽我的話擅自偷偷跑出去把你帶回來的!

小夏:……….

小小:好了,好了,不說你喜歡的瑤瑤了,要不然你以後也一定學瑤瑤,不聽話~一會就能到了,到了後會有陸甲龜管理員來接管咱倆的陸甲龜,咱倆直接去找欣欣就行~

差不多1個小時我們便到了吉林城~到達後,等到陸甲龜的管理人員來接收陸甲龜後,我和小小便城進城了,這裡和黑龍江城沒什麼區別~都是中世紀的風格~不同的就是這裡有著多處不斷湧出水的地方,這應該是是水精靈欣欣的存在吧,就像黑龍江城因為小小的存在到處都是綠螭驄的~看著五花八門的店鋪,正在進行建建造的建築,(我心想這個城怎麼這麼多建設中的建築啊~),小小指著那些正在建造的建築說那是給亞特蘭城的倖存者而建造的!這次來不僅僅要讓欣欣看看你,還要商討一下接收一些難民去咱那!都在這裡很有可能會造成食物短缺!邊說邊走我就跟著小小走了一會便看到了一個像水族館似的地方,一樣和小小的圖書館一樣的大,同樣是五層,底層下面特別的就和水族館一樣,透明的被魔法強化過的玻璃~

那個看似水族館的門前站著兩個人,欣欣和她唯一的徒弟“一路”~

欣欣:等了你們半天了~怎麼才到啊~

小小:這還晚啊?可是一起來就趕緊過來的啊~

欣欣:你好,你就是小小說的小夏吧,你好啊~我叫欣欣,水精靈(欣欣:水精靈,年齡986歲,有著性感身材,穿著淡藍色的職)~

小夏:你好~

欣欣:這個是我的徒弟一路~

小夏:你好,我叫夏雪洪,小名,小夏,以後多多關照~

一路:你好,我叫一路,多多關照~ (一路:水精灵-欣欣重點培養训练的進攻性法师,穿着深黑色黑色师服装,并用者一根红鑲嵌著紅黃藍三色法珠說的法杖!)

我們彼此寒暄了一下~

欣欣:快別站在門口了,進屋喝杯茶慢慢聊~我也對你這個新徒弟很感興趣~

小小:你還收留了這麼多的朋友啊~

欣欣:誰讓我是掌管水的的大精靈呢,多幫一下它們~

我們一邊聊一邊走向2層~期間大精靈欣欣一直盯著我看,有點好不自在~到了2層,和小小的圖書館一樣的大,大大的滿是水晶裝飾一樣的會議廳(這裡是我和城中守衛開會的地方),無數座椅板凳的大食堂(這裡是我們一起開完會吃飯聚餐的地方)咱們去一路那的會見室吧~

一路:師傅我去泡茶~

欣欣:去吧,順便拿幾個晶球來~

小夏:我聽小小說你是在大魔琳旁邊睡覺的?最開始還聽不懂語言~那你還記得你是哪個城的嗎?你還有沒有什麼印象是怎麼走出城的?

小小:你問的完全問過,都告訴過你了,他要是知道還用長途跋涉的來你這裡?

欣欣:什麼長途跋涉?區區不到一個小時的陸甲龜路程~

小小:那你怎麼不常來我這,區區不到1個小時的時間~正好能讓我那裡多點多點水~

欣欣:我不是定期讓你那裡降雨嘛~

小小:我還讓你這裡常常綠螭驄的呢~

一路:師傅茶拿來了~先喝點茶吧~晶球也拿來了~

對我的檢查又開始了~

欣欣:一路,你也哎看看~以你的法師角度來看看~

一路:好的~

小小:小夏你就和和之前那樣把手放在晶球架子上就行~

小夏:知道了~

他們一起盯著晶球,還是和以前一樣,一閃而過的教堂和比第一次見到時更清晰的幾個女孩的身影~其他什麼信息都沒有,更別說什麼個人信息了~就在這個時候,一路問了一下~

師傅(欣欣):你不會覺得那個教堂很像亞特蘭城的大教堂嗎?

欣欣:雖然一閃而過,但是確實很像~現在小夏也不能排除他是亞特蘭城的倖存者!

小小:亞特蘭城的大教堂?我沒去過~所以也沒有什麼任何的信息~你們去過?

欣欣:以前亞特蘭城大乾旱的時候去過一次,幫他忙解決乾旱的問題~那是時候一路才10歲~

小小:那現在亞特蘭城已經被魔物佔領了~也沒辦法去調查了~啊!對了你這裡不是有很多亞特蘭城的難民嗎?一會兒去看看能不能找到認識他的人!

欣欣,不過不管怎麼說也是一個辦法一會兒去走走看看~小夏,你先過來,(我走了過去~)我看看能不能送守護技能給你,和小小一樣,你只要想著要什麼技能就行!(我願意以水精靈的身份守護此人,願他夢想成真)啪,失敗了!

小小:你看吧,免費的贈送技能都不要!

欣欣:小夏,過來。現在試試看看能不能看到你內心深處!這可能會讓你你感到不自在,但是沒關係,一會就會緩和的~你過來,欣欣和之前師傅小小一樣按住了我的太陽穴,手指上出現了兩個玻璃球一樣大小的水球緊貼著欣欣的手指輔助欣欣鏈接~就在這時我後面也有一股冰涼的魔力傳到我的身上原來是一路配合他師傅,對我也進行魔力傳送,這種感覺確實有點不適,有一種說不出來的焦躁~跟本無法形容!就這樣,近7個小時過去了~

一路:我不行了~這內心深處和無底洞似的,無邊無際的~我的魔力快耗盡了,師傅我先收回魔力了~

隨著一路的魔力收回,我身後的冰涼感覺也消失了~又過了一小會,欣欣也收回了自己的魔力~我身體上一切的不適感徹底消失了~

小小:怎麼樣?探索到什麼了嗎?

欣欣:什麼也沒有~內心深處和一路說的一樣,和無底洞似的!咱們先去休息一下吃點飯,然後咱去難民區那邊走走看看!那邊新開了一家烤肉店,聽人說非常好吃!我和一路一次都沒去過呢~正好你來了,咱們一起去嘗嘗看看~

小小:到你地盤了,你比我們熟悉,聽你安排了~

於是我們便去了欣欣所說的那家烤肉店~吃飯的時候師傅和欣欣聊了很多古關於亞特蘭城的事情~這些自然我是一概不知了,我又不是這個世界的人網吧的事和守望先鋒倒是很熟悉!現在連最基本的常識都沒有,而且還連一分錢都沒有~正確的說我連他們流通的貨幣到底是如何計算的都不知道,完全和跟屁蟲似的跟著小夏、瑤瑤、小小他們消費自然我都接觸不到~就是接觸到,我也沒一分錢!聽師傅他們說,魔物是寄生在人類體內混進城的,寄生的魔物混進城後跟本沒有任何攻擊力,再加上城中各種探測的設備都探測不到,然後它們會去找新的宿主,再將其引去找到探測盲點進行繁衍,所以時間一長便會變成魔物部隊,但是如果脫離原有宿主選擇新的宿主,特別是那些繁殖力強的,繁殖一段時間組成魔物部隊,和城外的魔物大軍裡應外合的攻城就會事半功倍!所以亞特蘭城就這樣淪陷了,就算不是裡應外合的攻擊,城內的進攻也比城外的更加棘手,因為滿城的無辜百姓妨礙了大型範圍魔法的使用,防城也本不可能對著城內狂轟濫炸!所以現在才有了除魔門的存在~犧牲一個人比起城的淪陷,城內沒有一個人不讚成~(小夏此時完完全全不知道,因為自己不是這個世界的人,所以有魔物寄生在自己身上混進了城,並在下水道下不斷的繁殖新的魔物)師傅們一邊在聊著五花八門的事情,而我和一路則聊著我身上的事情~一路十分好奇我用不出來魔法的事情,而且還教了我一下如何利用感受體內,而不需要利用空氣中的魔法生成水這種最基本的生活魔法~但是依然我無法做到,又讓我嘗試生成土塊這種做磚頭用於蓋房的基魔法,各種各樣的連平民都能做到的一切的最基礎的魔法我統統做不到~在我和一路不斷的嘗試各種各樣的最最基礎的平民魔法期間師傅和欣欣也留意過我和一路在做什麼也是十分的驚訝,但是也沒深問,可能是師傅之前已經說過的原因吧~所以見怪不怪了~就這樣時間不知不覺的也過去很久了~我們吃完聊完後,因為天已經黑了,所以也沒去難民區,直接和欣欣回到欣欣那裡!欣欣給我們安排了房間,我們就各自回到自己的房間休息了~

種族介紹人物設定魔物介紹技能介紹法術介紹道具介紹城介紹第一卷返回小說目錄返回動漫壁紙頁返回插畫壁紙頁返回首頁


標籤:小說網站美食網站


上一卷:一個魔法師的傳說006

下一卷:一個魔法師的傳說008



google translate japanese

第7巻(ウォーターウィザードXinxinが配置されている都市)
家に帰った後、小ハングが今言ったことを考え続けました〜今日の小ハングはちょっと変です〜どうしてそんなに用心深いことを突然言うのですか〜魔法さえ学べないので使えません。ひと〜いいひと〜まずは寝ましょう〜
早朝、早暁が私に会いに来ました〜夕食後に主人のところに行きました、主人と八百八も早く出発する準備ができていたので、私たちは雑談して、八百尾の不本意を見て出発しました彼女の目です行きたくないです〜
Xiaoxiao:何を見てるの?また見なければなりません〜
Xiaoxia:マスター:吉林市はどこですか〜
Xiaoxiao:ちょうど私に従ってください!
Xiaoxia:歩いていますか?
Xiaoxiao:行くことができますか?
Xiaoxia:いいえ…
Xiaoxiao:それから私に従ってください〜
Xiaoxia:ああ、(吉林市ってどんな街?ちょっとワクワクしてますね〜ちょっと見てから帰ってきます〜やややがまだ待ってます)
Xiaoxiao:馬に乗ることができますか?
Xiaoxia:いいえ〜
Xiaoxiao:モンスターのカメを見たことがありますか?
Xiaoxia:…それは何ですか?モンスター?
Xiaoxiao:はい、それは私たちのクラスによって、今では高速の都市間輸送として飼いならされています!馬より速い!
Xiaoxia:(これは少しタンクのように見えます)非常に横暴ですが、モンスターを飼いならすことができるので、なぜそんなに怖いのですか? )とてもハンサムです!
Xiaoxiao:怖いのではないですか?実際、モンスターは動物と同じようにさまざまなタイプに分けられ、一部は肉食性で、一部は草食性です!
Xiaoxia:ああ、なるほど、それは馬と虎の違いのようなものです!
Xiaoxiao:すばやく上がって、上がったら、手綱をつかんで、騎士のように、それを鞭で打ってください〜手綱は、人が馬に乗っているときに手綱をむくように見えます!以上で自然に亀は馬のように前進しますが注意が必要です最初はゆっくり、それからとても速くなるので急いでください!ついでについてくると、私が減速しているのがわかりました。馬に乗っている人のように、手綱を引き戻しました〜Lu Jiaguiは当然少し減速しました〜
Xiaoxia:なるほど!
シャオシャオと私は亀のレンタル事務所に行き、マーキングのある亀の甲羅のようなものを2つ買って、亀の回収所に連れて行ってくれました。 (これは駐車場のような場所ではないかと思いました〜)、このマークの付いた小さな亀の甲羅を管理者に手渡してください!それから私は2つのカメを選びました!
Xiao Xiao:それはあなた次第です。上に行って、動作するかどうか確認してみてください、それに適応できますか?上がった後、馬に乗るように制御してください!甲羅から突き出ているものが見えますか?それは(手綱)、私たちは急ぐ必要があります!
Xiaoxia:(私が数年前から車を運転していたと思って、今日は初めて馬に乗っています、ハハ、私は少し興奮しています)
シャオシャオ:感想はいかがですか?何か覚えていますか?
Xiaoxia:…ええと?何?ああ、何の印象もありません。初めて見たような気がします(もちろん、初めて見たのですが、地球上にはそのようなものはないと思いました)。
Xiaoxiao:よし、フォローしてくれ、フォローしてくれ!ゆっくり慣れ、うまく制御できるかどうかを確認して、最初に歩いて停止し、順応したら出発しましょう!
それから、これから使うカメに登り、カメ(手綱)をつかんで歩き、止まるようにしたのが運転の理由かもしれないので、すぐに慣れました!
Xiaoxiao:慣れていますか?慣れてきたら、ゆっくりと(手綱)左に引いてください!
Xiaoxia:(私の心の中で考えると、これは左に曲がることを意味します)わかりました〜私は怒鳴りました!
それから私は短編小説に従って、カメは左のように少し這うようになり、マスターXiaoxiaoに来ました!
シャオシャオ:私が言ったように手綱を少しホイップし始め、前進します。先の道が見えますか?最初に行ってください!
私がマスターの短編小説について話し終えた後、私は彼女が言った場所に歩いて行きました、そして私は止めました〜私はXiaoxiaoマスターが私の側から追い越すのを見ました!
Xiaoxiao:今すぐ注文に慣れる必要があります〜あなたは高いレベルの知識を持っています!すぐに順応する〜初心者の場合、亀の使い方を学ぶのに少なくとも7日かかります。向きを変えるのに学ぶのに2日かかります。初めて行うのです。自分の印象はないと言いますが、体はそれをとても心配しています。印象があります〜よし、いきましょう!
小さな亀が進むのを見て、私はすぐに追いかけました! (ああ…森を出たばかりのときに見た跡跡の横に刻印が残っていたので、カメが残してしまいました。どうしてこんなにずれたのでしょうか〜)私はすぐにフォローアップを加速しました〜突然、小さなカメがジェット機のように飛び出し、シャオシャオを​​激しく泡立てるべきだとすぐにわかりました亀の甲羅に落ちると約束しましたが、幸いにも間に合いました〜Xiaoxiaoが追いつくのを見ました〜楽しかったです〜
Xiaoxiao:転倒しなかったのは悪くありません。ははは〜本当に亀に乗った経験があるようです。体が本能的に現れました!
Xiaoxia:本能、あなたはそんなに速く言っていませんでした!怖い〜
Xiaoxiao:落ちなかったって言ってないの?これは本能ではないのですか?急いで高速化を続け、できるだけ早くXinxinを見つけてできるだけ早くあなたに会えるようにし、それがあなたの記憶を回復するのに役立つかどうか確認してください!これが数日間夜に戻ると、あなたのヤオヤオは毎日私を責め、約束を守らないと言うことはできません〜彼女は今回私に言うことを約束します〜私は従順ではありません!
Xiaoxia:いいえ、Yaoyaoは絶対にしません。あなたは私たちのマスターです〜彼女はしません!
Xiaoxiao:私の言うことを聞かない人はこっそり走ってあなたを連れ戻しました!
Xiaoxia:……….
Xiaoxiao:よし、よし、好きなやおやを言わないでね。さもなければ、今後はやおやから間違いなく学び、従順にならないでください〜しばらくの間そこにいて、亀の管理人が私たち2人を引き継ぐでしょう。カメ、新興に直接行こう〜
約1時間で吉林市に着きました〜到着後、亀管理担当者が亀を受け取りに来てから、小便市で黒竜江市と変わらず中世風に〜違いは、水が常に流れ出しているところがたくさんあることです。これは、黒竜江市と同じように、水の魔術師である新心の存在であるはずです。その小さな存在のため、至る所に緑のサソリがあります〜さまざまな店を見て、建設が進行中です。建設中の建物(なぜこの都市に建設中の建物が多いのだろう〜)建設中の建物を少し指差して、それらはアトランタの生存者のために建設されたと言った!今回は、Xinxinにあなたを見てもらうだけでなく、難民の受け入れについても話し合います。ここにいると、食料が不足する可能性があります。話したり歩いたりして、小潮をしばらく追っていくと、小さな図書室と同じ大きさで5階建ての水族館のような場所が見え、1階下の特別なものは水族館と同じ透明です。魔法で強化されたガラス〜
水族館のように見えるドアの前に立っている二人、新心と彼女の唯一の弟子が「ずっと」〜
Xinxin:私は長い間あなたを待っていました〜なぜそこに着いたのですか〜
Xiaoxiao:手遅れですか?でも一緒に来たらすぐに来ました〜
Xinxin:こんにちは、あなたはショートノベルのXiaoxiaです、こんにちは〜私はウォーターエルフXinxinです(Xinxin:ウォーターエルフ、986歳、セクシーな体で水色のポストを着ています)〜
Xiaoxia:こんにちは〜
Xinxin:これはずっと私の弟子です〜
Xiaoxia:こんにちは、Xia Xuehong、私のニックネーム、Xiaoxiaです。
片道:こんにちは、私の名前は片道です、気を付けてください〜(片道:ウォーターエルフ-シンシンは、トレーニングと攻撃的な魔道士のトレーニング、濃い黒のスーツの着用、赤、黄、青の魔法のビーズが埋め込まれた赤の使用に焦点を当てています。スタッフ!)
私たちはお互いに挨拶を交わしました〜
Xinxin:ドアに立つのをやめて、お茶を飲みにゆっくり話してください〜私も新しい弟子としてあなたにとても興味があります〜
Xiaoxiao:あなたはたくさんの友達を受け入れました〜
Xinxin:誰が私を水を担当する大きなエルフにしたのですか?彼らをもっと助けてください〜
2階まで話しかけて歩いたところ、この間、大きな妖精のシンシンは私をじっと見つめていたので少々不快でした〜2階は小さな図書館と同じくらいの大きさで、クリスタルのような会議ホールでいっぱいでした。市内の警備員との待ち合わせ場所)、無数の座席とベンチのある食堂(ここで私たちが一緒に夕食をとる場所です)、途中で会議室に行きましょう〜
ずっとねマスターお茶を作ります〜
Xinxin:さあ、ところで水晶玉を手に入れよう〜
Xiaoxia:短い小説を聞いています。DaMo Linの隣で寝ましたか?最初は言葉がわからなかったです〜出身地を覚えていますか?街から抜け出す方法について何か印象はありますか?
Xiaoxiao:あなたはそれについてすべて尋ねました、そしてあなたはすでにあなたに話しました。彼が知っているなら、彼はまだあなたのところに来るために長い旅を使いましたか?
Xinxin:どのくらい遠いですか?亀への道のりは1時間もかかりません〜
Xiaoxiao:では、よく来てくれませんか?1時間もかからない〜水を増やすだけです〜
Xinxin:定期的に雨を降らせないでください〜
Xiaoxiao:私もよくここであなたを緑にします〜
さあ、マスターティーが来ました〜まずお茶を飲みましょう〜景秋もここにあります〜
私のチェックがまた始まりました〜
Xinxin:途中で見ることもできます〜メイジの視点から見てください〜
ずっと:OK〜
シャオシャオ:シャオシャ、前と同じようにクリスタルボールの棚に手を置いてください〜
Xiaoxia:なるほど〜
彼らは一緒にJingqiuを一緒に見つめました、以前と同じように、過去に光った教会と彼らが初めて見たときよりもはっきりしている数人の女の子の姿〜個人情報はもちろん、他に情報はありません。この時、ずっと聞いてきました〜
マスター(シンシン):教会はアトランタの大聖堂によく似ていると思いませんか?
Xinxin:あっという間に起こりましたが、それは確かに非常に似ています〜今、Xiaoxiaは彼がアトランタの生存者であることを否定できません!
リトル:アトランタの大聖堂?行ったことない〜だから情報がない〜行ったことある?
Xinxin:干ばつの最中、彼が干ばつ問題を解決するのを手伝うために一度アトランタに行きましたが、彼がまだ10歳の時でした。
Xiaoxiao:今度はアトランタの都市がモンスターに占領されました〜調査する方法はありません〜ああ!ちなみに、アトランタからの難民はたくさんいますか?彼を知っている人を見つけることができるかどうか行ってみてください!
Xinxin、とにかく、それはしばらく歩き回る方法です〜Xiaoxia、最初にここに来ます(私は歩いて行きました〜)保護者のスキルを与えることができるかどうか確認します。Xiaoxiaoと同じように、あなたはそれについて考えなければなりません。スキルは何ですか! (私はこの人をウォーターエルフとして守って喜んでいます、そして彼の夢が叶うかもしれません)ファック、それは失敗しました!
Xiaoxiao:見てください、スキルを無料で提供しないでください!
Xinxin:Xiaoxia、ここに来て。あなたの奥深くを見ることができるかどうか今すぐ試してください!これは不快に感じるかもしれませんが、大丈夫です、しばらくすると楽になります〜ここに来て、Xinxinは前のマスターXiaoxiaoのように私の寺院を押しました、そして2つの水球が彼女の指に現れました。 Xinxinのリンクを支援するためにXinxinの指にこだわってください〜この瞬間、冷たい魔法の力が私の体に広がりました。それは、彼の主人と協力して魔法の力を私に伝えていることがわかりました。この感覚は確かに少し不快であり、ノーと言う方法があります出てくる不安〜それは言葉では言い表せません!そんな感じで7時間近く〜
ずっと:できません〜この深い内部は底のない穴のようで、無限です〜私の魔法の力はほとんど使い果たされています、マスター、最初にそれを取り戻します〜
途中で魔法の力が回復したので、後ろの冷感も消えました〜しばらくすると、Xin Xinも魔法の力を回復しました〜私の体のすべて

不快感は完全に消えました〜
Xiaoxiao:どうですか?何か発見しましたか?
Xinxin:何もないよ〜深みのある、私が途中で言ったのと同じ、底なしの穴のように!休憩して食べ物を食べてから、難民エリアまで散歩しましょう!あちこちに新しいロティサリーがオープンし、とてもおいしかったです!ずっと一緒に行ったことがありません〜たまたまここに来たので、一緒に行ってみましょう〜
Xiaoxiao:それはあなたのサイトにあります。あなたは私たちより親しみがあります。
それで、シンシンが言ったバーベキューレストランに行きました。食事中に、主人とシンシンは古代都市アトランタについて多くのことを話しました。もちろん、私はこれらすべてを知っているわけではなく、私はこの世界の人間ではありません。私はオーバーウォッチに精通しています!今、私には最も基本的な常識すらありませんし、ペニーさえも持っていません〜正確には、彼らが循環する通貨がどのように計算されるのかさえわかりません。私は、Xiaoxia、Yaoyao、Xiaoxiaoや他の迷子のようなものに従っています。当然、私は消費することすらできません〜たとえ利用しても、お金はありません!マスターから、人体に寄生して街に混入したモンスターがいると聞いたところ、寄生したモンスターが街に混入した後は、攻撃力がなくなった。また、市内のさまざまな検知機器が検知できず、新たに発見した。宿主は、その後、増殖する検出死角を見つけるように誘導します。そのため、しばらくするとモンスターの力になりますが、元のホストを離れて新しいホストを選択すると、特に強い生殖力を持つホストは、しばらくの間再現してモンスターの力を形成します。街の外にいるモンスター軍の包囲は、少ないコストでより多くのことをします!そのため、アトランタ市は陥落しました。内部攻撃と外部攻撃の組み合わせでなくても、都市中の無邪気な人々が大規模な魔法の使用を妨害し、Fangchengがそれに直面することができなかったため、都市内部の攻撃は都市外部の攻撃よりも困難でした。街中での無差別爆撃!だから今、悪魔の門の存在があります〜街の崩壊と比較して、人の犠牲は街の誰にも有利ではありません〜(シャオシャは、彼女はこの世界の人ではないので、現時点では考えていません。私は街に入って、下水道の下で新しいモンスターを飼育し続けました)主人はあらゆる種類のことについて話していましたが、私と私はずっと話をしていたので、私は魔法を使用できないことについて非常に興味がありました。また、空中で魔法を使用して水を生成する代わりに、センセーションボディを使用する方法も教えてくれました。これは最も基本的なライフマジックですが、それでもそれができないので、土ブロックを生成して家を建てるためのレンガを作ってみましょう。私はすべての種類の基本的な魔法を実行することはできません。民間人でも実行できる最も基本的な魔法です。マスターとシンシンも、最も基本的な民間魔法での継続的な試みの間に注意を払います。自分とずっとやっていることにびっくりしましたが、深くは聞きませんでした、たぶん主人が前に言っていたのかもしれないので驚きませんでした〜そんな感じで、いつの間にか知らずに食べ終わってしまいました〜チャット後、暗かったので難民エリアには行かず、Xinxinと直接Xinxinに戻った! Xinxinは私たちのために部屋を手配し、私たちは休憩するために私たちの部屋に戻りました〜

種族介紹人物設定魔物介紹技能介紹法術介紹道具介紹城介紹第一卷返回小說目錄返回動漫壁紙頁返回插畫壁紙頁返回首頁


標籤:小說網站美食網站


上一卷:一個魔法師的傳說006

下一卷:一個魔法師的傳說008



google translate english

Volume Seven (The city where the water wizard Xinxin is located)
After I got home, I kept thinking about what Xiaohang just said~ Today’s Xiaohang is indeed a bit abnormal~ How come you suddenly say such a cautious thing to me~ I can’t even learn magic and can’t use it. People~Sure people~ Let’s sleep first~
Early in the morning, the early Xiaohang came to see me~ We went to the master after dinner, the master and Yaoyao were also ready to set off early, so we chatted and left, looking at Yaoyao’s reluctance She’s eyes, I really don’t want to go~
Xiaoxiao: What are you looking at? I have to see it again~
Xiaoxia: Master: Where is Jilin City~
Xiaoxiao: Just follow me!
Xiaoxia: Are you on foot?
Xiaoxiao: Are you able to go?
Xiaoxia: No…
Xiaoxiao: Then follow me~
Xiaoxia: Oh, (what kind of city is Jilin City? I’m a little excited, hey~ I will come back quickly after a look~ Yaoyao is still waiting for me)
Xiaoxiao: Can you ride a horse?
Xiaoxia: No~
Xiaoxiao: Have you ever seen a monster tortoise?
Xiaoxia: …what is it? Monster?
Xiaoxiao: Yes, it has been tamed by our class, now as a high-speed cross-city transportation! Faster than a horse!
Xiaoxia: (This looks a bit like a tank) It’s very domineering, but since monsters can be tamed, why are you so scared? ) Very handsome!
Xiaoxiao: Don’t you feel scary? In fact, monsters are divided into different types, just like animals, some are carnivorous, and some are herbivorous!
Xiaoxia: Oh, I see, it’s like the difference between a horse and a tiger!
Xiaoxiao: Go up quickly. Once you go up, just grab the rein and then just like a horseman, whip it~ The rein looks like a person whips the rein while riding a horse! That’s it~ This way the tortoise will naturally move forward like a horse, but you must be careful. At first, it will be slow, and then it will be very fast, so you must hurry! Then followed me and saw that I slowed down. I looked like a person on horseback, pulling the rein back~ Lu Jiagui would naturally slow down a little bit~
Xiaoxia: I see!
In this way, Xiaoxiao and I went to the tortoise rental office. Xiaoxiao went to pay for two turtle shell-like objects with markings on them, and then led me to the tortoise collection office. (Isn’t this a place like a parking lot, I thought~), hand over the little turtle shell with this mark to the administrator! Then I chose two tortoises!
Xiao Xiao: That’s yours. Go up and try to see if it works, can you adapt to it~ Control it like riding a horse after going up! Do you see the thing protruding from the carapace? That is (the reins), we must hurry!
Xiaoxia: (Thinking that I have driven a car for several years, today I am riding a horse for the first time, haha, I am a little excited)
Xiao Xiao: How is it, any impression? Can you remember anything?
Xiaoxia: …Huh? what? Ah, I don’t have any impression, it feels like I saw it for the first time, (of course I saw it for the first time, there is no such thing on the earth, I thought)
Xiaoxiao: Alright, follow me up and follow me! Get used to it slowly, see if you can control it well, walk and stop first, let’s set off when we adapt!
Then I climbed onto the tortoise I was going to use, grabbed the tortoise’s (rein), and tried walking and stopping. It might be the reason for driving, so I got used to controlling it right away!
Xiaoxiao: Are you used to it? When you get used to it, slowly pull (the rein) to the left!
Xiaoxia: (thinking in my heart~ this means turning left) I see~ I yelled!
Then I followed the short story, and my tortoise began to crawl a little bit like left, and came to the master Xiaoxiao!
Xiao Xiao: Now you start to whipping the reins a little bit like I said and go forward. Do you see the road ahead? Go there first!
After I finished talking about the master’s short story, I walked to the place she said, and I stopped~ I saw Master Xiaoxiao overtake me from my side!
Xiaoxiao: You should be used to ordering now~ You have a high level of savvy! Adapting so quickly~ It takes at least 7 days to learn how to use tortoises if you have low savvy. It takes 2 full days to learn to turn. You will do it the first time. Although you say you don’t have an impression of yourself, your body is very concerned about it. I have an impression~ Alright, let me go ahead!
Seeing the little tortoise go forward, I quickly followed! (Ah… the imprint next to the wheel mark that I saw when I just walked out of the forest was left by the tortoise. How did I say it shifted so far~) I saw the little tortoise accelerate I quickly accelerated to follow up~ Suddenly, the little tortoise flew out like a jet plane, and I immediately understood that Xiao Xiao should be whipped vigorously, and I also whipped quickly, oh yeah~ no rein I promised to fall into the tortoise shell, fortunately, I caught it in time~ Xiaoxiao saw me catching up~ I had fun~
Xiaoxiao: It’s not bad if you didn’t fall. Hahaha~ It seems that you really have the experience of riding a tortoise. Your body has shown instinctively!
Xiaoxia: What instinct, you didn’t say so fast! Scared me~
Xiaoxiao: Didn’t you say that you didn’t fall? What is this not instinct? Hurry up and continue to speed up, as soon as possible to find Xinxin to see you as soon as possible, and see if it can help you restore your memory! If this is going back for a few days at night, your Yaoyao can’t blame me every day and say that I don’t keep the promise~ She promises to tell me this time~ I’m not obedient!
Xiaoxia: No, Yaoyao definitely won’t. You are our master~ She won’t!
Xiaoxiao: Who wouldn’t listen to me secretly ran out and brought you back!
Xiaoxia:……….
Xiaoxiao: Okay, okay, let’s not say which Yaoyao you like, otherwise you will definitely learn from Yaoyao in the future, not to be obedient~ You will be there in a while, and there will be a tortoise administrator to take over the two of us. The tortoise, let’s go to Xinxin directly~
We arrived in Jilin City in about an hour~ After arriving, after the tortoise management staff came to receive the tortoises, I entered the city with Little Piss City. It is no different from Heilongjiang City~ It is in medieval style~ The difference is that there are many places where water is constantly gushing out. This should be the existence of Xinxin, the water wizard, just like Heilongjiang City, because of its small existence, there are green scorpions everywhere~ Looking at the various shops, construction is underway. Buildings under construction, (I wonder why there are so many buildings under construction in this city~). Little pointed at the buildings under construction and said that they were built for the survivors of Atlanta! This time I will not only let Xinxin look at you, but also discuss accepting some refugees to come to us! Being here is likely to cause food shortages! As I talked and walked, I followed Xiaoxiao for a while and saw an aquarium-like place, the same size as a small library, and the same five floors. The special one under the ground floor is the same as the aquarium, transparent. Glass strengthened by magic~
There are two people standing in front of the door that looks like an aquarium, Xinxin and her only apprentice “all the way”~
Xinxin: I’ve been waiting for you for a long time~ Why did you get there~
Xiaoxiao: Is it too late? But I came here quickly when we came together~
Xinxin: Hello, you are the Xiaoxia of the short novel, hello~ my name is Xinxin, the water elf (Xinxin: the water elf, age 986, has a sexy body and wears a light blue post)~
Xiaoxia: Hello~
Xinxin: This is my apprentice all the way~
Xiaoxia: Hello, my name is Xia Xuehong, my nickname, Xiaoxia, please take care of me~
One way: hello, my name is one way, take care~ (One way: water elf-Xinxin focuses on training and training offensive mage, wearing a dark black suit, and using a red inlaid with red, yellow and blue magic beads. Staff!)
We exchanged greetings with each other~
Xinxin: Stop standing at the door, come in for a cup of tea and talk slowly~ I am also very interested in you as a new apprentice~
Xiaoxiao: You have taken in so many friends~
Xinxin: Who made me the big elf in charge of the water? Help them more~
We talked and walked to the 2nd floor. During this time, the big fairy Xinxin kept staring at me, a bit uncomfortable~ On the 2nd floor, it was as big as a small library, and it was full of crystal-like conference halls (here is me The meeting place with the guards in the city), the canteen with countless seats and benches (here is the place where we will have a dinner together), let’s go to the meeting room along the way~
All the way: Master, I will make tea~
Xinxin: Go ahead, get some crystal balls by the way~
Xiaoxia: I listen to the short novel. You slept next to Da Mo Lin? At first, I didn’t understand the language~ Then do you remember which city you are from? Do you have any impression of how to get out of the city?
Xiaoxiao: You have asked everything about it, and you have already told you. If he knows, he still used a long journey to come to you?
Xinxin: What long distance? Less than an hour’s journey to the tortoise~
Xiaoxiao: Then why don’t you come to me often, it only takes less than an hour~ just to get me more water~
Xinxin: Don’t I let you rain there regularly~
Xiaoxiao: I also make you often green here~
All the way: Here comes the master tea~ Have some tea first~ Jingqiu is also here~
The check on me started again~
Xinxin: Along the way, you can also take a look~ Take a look from your mage’s perspective~
All the way: OK~
Xiao Xiao: Xiao Xia, just put your hands on the crystal ball shelf as you did before~
Xiaoxia: I see~
They stared at Jingqiu together, still the same as before, the church that flashed past and the figures of a few girls who were clearer than when they saw it for the first time~ There is no other information, let alone personal information. At this time, I asked all the way~
Master (Xin Xin): Don’t you think that church is very similar to the cathedral in Atlanta?
Xinxin: Although it happened in a flash, it is indeed very similar~ Now Xiaoxia can’t rule out that he is a survivor of Atlanta!
Little: The cathedral in Atlanta? I haven’t been there~ so there is no information~ you have been there?
Xinxin: I went to Atlanta once during a drought to help him solve the drought problem. It was time when he was only 10 years old.
Xiaoxiao: Now the city of Atlanta has been occupied by monsters~ there is no way to investigate~ ah! By the way, don’t you have a lot of refugees from Atlanta? Go and see if you can find someone who knows him!
Xinxin, but anyway, it’s a way to walk around for a while~ Xiaoxia, you come here first, (I walked over~) I’ll see if I can give you guardian skills. Just like Xiaoxiao, you just have to think about it. What skills do! (I am willing to guard this person as a water elf, and may his dream come true) Fuck, it failed!
Xiaoxiao: Look, don’t give away skills for free!
Xinxin: Xiaoxia, come here. Try now to see if you can see deep inside you! This may make you feel uncomfortable, but it’s okay, it will ease in a while~ Come here, Xinxin pressed my temple like the previous master Xiaoxiao, and two water balls the same size as glass balls appeared on her fingers. Sticking to Xinxin’s finger to assist Xinxin’s link~ At this moment, a cold magic power spread to my body. It turned out to be cooperating with his master and transmitting magic power to me. This feeling is indeed a bit uncomfortable, and there is a way of saying no The anxiousness that comes out~ can’t describe it! Just like that, almost 7 hours passed~
All the way: I can’t do it~ This deep inside is like a bottomless pit, endless~ My magic power is almost exhausted, Master, I will take it back first~
With the recovery of magic power along the way, the cold feeling behind me also disappeared~ After a short while, Xin Xin also recovered her magic power~ Everything on my body

The discomfort completely disappeared~
Xiaoxiao: How is it? Did you discover anything?
Xinxin: Nothing~ Deep down, the same as what I said along the way, like a bottomless pit! Let’s take a rest and have some food, and then let’s take a walk to the refugee area! A new rotisserie was opened over there and it was very delicious! I haven’t been there once with me all the way~ It just so happened that you are here, let’s go and try it together~
Xiaoxiao: It’s on your site. You are more familiar than us. I listened to your arrangement~
So we went to the barbecue restaurant that Xinxin said. During the meal, the master and Xinxin talked a lot about the ancient city of Atlanta. Of course, I don’t know all of these things, and I am not a person in this world. I am very familiar with Overwatch! Now I don’t even have the most basic common sense, and I don’t even have a penny~ To be correct, I don’t even know how the currency they circulate is calculated. I follow Xiaoxia, Yaoyao, Xiaoxiao and the others like a stray. Naturally, I don’t even have access to consumption~ Even if I do, I don’t have any money! I heard from the masters that the monsters were parasitic in the human body and mixed into the city. After the parasitic monsters mixed into the city, they would not have any attack power. In addition, the various detection equipment in the city could not detect them, and then they would find new ones. The host, then lead it to find the detection blind spot to multiply, so it will become a monster force after a long time, but if you leave the original host and choose a new host, especially those with strong reproductive power, they will reproduce for a period of time to form a monster force, and The siege of the monster army outside the city will do more with less! Therefore, the city of Atlanta fell. Even if it was not a combination of inside and outside attacks, the attacks inside the city were more difficult than those outside the city, because the innocent people all over the city hindered the use of large-scale magic, and Fangcheng could not have faced it. Indiscriminate bombing in the city! So now there is the existence of the Demon Gate~ Compared to the fall of the city, the sacrifice of a person is not in favor of no one in the city~ (Xiao Xia has no idea at this time, because she is not a person in this world, so there are demons in her I got into the city and kept breeding new monsters under the sewers) The masters were talking about all kinds of things, while I and I were chatting about my things all the way~ I was very curious about the things that I can’t use magic. And also taught me how to use the sensation body instead of using the magic in the air to generate water, which is the most basic life magic~ But I still can’t do it, and let me try to generate soil blocks and make bricks for building houses. I can’t do all kinds of basic magic, the most basic magic that even civilians can do~ Master and Xinxin also pay attention to it during my continuous attempts with the most basic civilian magic. I was very surprised by what I and I were doing all the way, but I didn’t ask deeply, maybe it was the reason that the master had already said before~ so it’s no surprise~ it’s just like that, time has passed without knowing it~ we finished eating After the chat, because it was dark, I didn’t go to the refugee area, and went back to Xinxin with Xinxin directly! Xinxin arranged a room for us, and we went back to our room to rest~

種族介紹人物設定魔物介紹技能介紹法術介紹道具介紹城介紹第一卷返回小說目錄返回動漫壁紙頁返回插畫壁紙頁返回首頁


標籤:小說網站美食網站


上一卷:一個魔法師的傳說006

下一卷:一個魔法師的傳說008




Related posts

One Thought to “一個魔法師的傳說之第七卷(水精靈欣欣所在的城)”

Leave a Comment

Translate »