一個魔法師的傳說之第五卷(學不會的魔法)

第五卷(學不會的魔法)

好了,現在輪到你了!你試試看看!我也想看看你想象出來的是什麼樣子的火球!快現在你自己試試看看!於是,我按照瑤瑤所說的做,外界的魔力和體內的魔力我統統都感受到了,然後我把它們聚集到一起!想象剛剛瑤瑤做出來的火球的樣子!果然出來了一個排球一樣的的火球出現在我面前!我開心的剛剛想說我成功了,結果我的火球就好像被滅火器噴了一樣瞬間的熄滅了!

瑤瑤:嗯?你注意力集中一點啊!剛剛開始學,不能分散注意力的,以後習慣了就會自然的使用了~就像用自己的手一樣,跟本不需要集中注意力在收上!重來!我又重來了一次,還是不行!重來了無數次依然不行,這時候瑤瑤氣得走了過來,她自己心裡想著想著(治愈術、恢復、魔法防禦)

然後拉起我的雙手,十指相扣後的說我幫幫你,讓你徹底感受一下怎麼不會讓火球不滅!咱們一起來做!就這樣我和瑤瑤面對面的站在了一起!一起試試看看!本來就不知道看哪裡好的我,瑤瑤又走得這麼近!讓我的心臟撲通撲通的使勁跳!快要蹦出來了!本來這樣的情況應該是我夢寐以求的!但是實際發生了我卻想趕緊跑!瑤瑤看到我十分緊張的表現,瑤瑤的臉突然靠近過來!她的胸也完完全全貼到了我的胸前!啊~差一點就真失去意識了!這時瑤瑤往後退開,說了一句,再這樣我可像剛剛那樣貼著你教你了啊!好好好!我努力!就這樣我倆一起嘗試起來!這次火球形成的非常的快!但是瞬間又被噴滅了!嗯?再試試看看!又是一樣!這時瑤瑤鬆開我,自己試了一下瞬間成功!一臉迷惑的瑤瑤!又開始和我一起不斷的嘗試!還是不行!就在這時候,聽到了蘿莉“嗯”了一聲

瑤瑤:你們怎麼來了?

小航:訓練完了唄~哎,哥哥我打了三個樹精,累死我了!有一會還要打三個!哎….

瑤瑤:你們什麼時候來的?

小航:嘿嘿,笑著說你倆十指相扣的時候啊!壞笑著~嘿嘿~

瑤瑤:啊?紅著臉的瑤瑤生氣得說道!那你不叫我一聲?你倆都看到了?

小小:怎麼?打擾你倆了?

瑤瑤:不是啊,師傅,你快來看看啊!你都說他是應該是法師,我還教了他怎麼感受體內的魔力和外界的魔力,結果連個小火球都生成不出來!我都用上最初你啟發我的辦法了!

小小:我都看到了!你倆十指相扣一起也生成不了!而你自己離開他鬆開他後馬上能生成了!瑤瑤你過來,釋放個治愈術給他看看!

瑤瑤:好的我一看就明白了,我又趕緊和蘿莉確認!

小夏:蘿莉,是不是和火球一樣感受空氣中和自身的魔力,結合到一起想象出來溫暖暖的綠色光芒,留去別人身上!

小小:嗯,是的,悟性很好嘛!不過你剛剛叫我什麼?

小夏:啊?教你小小師傅啊!

小小:我聽到的可不是這麼叫的啊~

小夏:..對不起…下次不敢了~

小小:嗯…好吧,這次就算了~既然你說叫我師傅小小!正好我也收你做我徒弟,以後你們三個人好好相處啊,有事互相幫忙!

瑤瑤:啊?真的嗎!好耶!瑤瑤開心的說道!你樂什麼?不就是收你喜的…..

瑤瑤:瞬間,瑤瑤捂住了小小的嘴,看著我,嘻嘻,沒事沒事!快嘗試給師傅看看吧!

小小:鬆開我啦,你這孩子!

我心想著,剛剛師傅想說什麼?就突然被瑤瑤捂住了嘴?先不想了,專心的試試看看魔法能不能使出來!於是我按照瑤瑤的方法做了,結果剛剛出現了綠色光芒,立刻就和小火球一樣被噴滅了!我又嘗試了幾次,每次都是一樣的結果!

小小:(大家統統漏出了疑惑的表情!)然後對我說道,小夏,你先過來新我這裡蹲下!我走了過去,蹲在師傅面前!你現在想象一下,你想得到什麼樣的為技能!

小夏:什麼是額外技能?

小小:就是你除了現有的的一切,你還想要什麼?

小夏:哦!我心想著,按照動漫(盾之勇者成名錄)的經驗來看~來看,還是要防御力或血量吧!然後蘿莉把她的手放到我頭上,嘴裡說道

小小:我願意以大精靈的身份守護此人,保護他祝福他能夢想成真!說完,一個綠色的光圈就從我頭部往下套

小夏???我怎麼好像有似曾相識的感覺呢?

突然,蘿莉施展的光圈碎裂了!

小小:盯著我看,你剛剛想著要的技能了嗎?

小夏:想了啊!再試試看!又碎了!試了好多次都失敗了,而且一破碎的速度次比一次速快!這讓我似曾相識的感覺更加強烈了!

瑤瑤:瑤瑤和小航看著我一起問道,師傅,這是怎麼回事啊?

小小:我也不清楚怎麼回事感覺好像他自己不需要的祝福守護一樣的排斥我的守護送給他的技能!太神奇了,哪裡會白送有送技能卻排斥的人!小小一臉疑惑的說道上午今天就先這樣!大家先去吃飯!一會下午再訓練說完我們就一起出去找了一家餐廳,看著上來的豐盛午餐,都快流口水了!快吃吧,一會還得回去繼續訓練!不一會兒我們就吃光了全部的美食,吃的時候瑤瑤不經意的總是給我夾菜,她哥哥和師傅小小都看的清清楚楚!瑤瑤一直沒注意到小航和小小師傅用著異樣的眼神看著自己,而我這個粗神經的也沒完全留意,是只顧著吃!酒足飯飽後喝了下午茶後我們回到了練習場!

小小:你們都跟我來,一會讓你哥哥打12個樹精,你和你哥哥配合一下,練習一下團隊合作!

小航:啊?12個?不是3個我自己打嘛,為什麼改啊!倆一個只會攻防的戰士一個只會輔助的牧師!不多的能配合好嗎?配合不好你倆的攻擊性等於0!單憑你自己,你確定你能保護好你妹妹嗎?有好的配合才是最重要的,如果小夏能用出魔法,你們三個一起才能算是一個標準的戰士、法師、牧師的基礎小團隊!現在小夏用不出來魔法,那你倆就得先好好練習沒有法術支援的配合,到時小夏能用出魔法了,加入你倆才會事半功倍!到時候不僅僅要保護你妹妹還要保護小夏!知道嗎?現在的你加上你妹妹才有打敗一個2級魔人都費勁的能力!遇到2級+*的呢!不光是你們,師傅我也要好好提升自己的能力!小夏,你也來,看看如何團隊合作!

小夏:哦,我也跟了上去!(守望先鋒玩了那麼久還不懂配合的重要性,師傅太小瞧我了)

到了小航剛剛訓練的練習場,小夏,你去那邊吧~然後指了一下那邊觀眾平台下的看似是觀看的審視台一樣的地方!我走了過去!開始!剛剛說完,師傅就開始召喚樹精,另一邊瑤瑤也開始給小航加能力!

瑤瑤:金剛之軀、魔力能力極限、細胞…

這時候師傅召喚出來的第一個樹精重來過來,一瞬間打了他倆的措手不及!小航瞬間用自己的身體,擋住了樹精的攻擊,隨後也立刻拔劍護住瑤瑤,瑤瑤也趕緊使用治愈術幫自己哥哥恢復,哥哥繼續和第一個樹精撕打著,又趁此機會繼續給哥哥施加能力提升,細胞強化、細胞強化、平靜…

突然師傅召喚的第二個樹精沖了過來,直接奔向瑤瑤!這時候,小航喊道,快阻擋,瑤瑤魔法墻!瞬間,瑤瑤在樹精重來的路上立起一個魔法墻,阻擋了樹精的路線,自小航看到樹精依然想攻擊瑤瑤,就立刻使用了仇恨集中和技能強花斬殺了樹精,此時瑤瑤不斷地釋放的治愈法術給她哥哥!就這樣師傅成功招換完12個樹精後像我走來,和我一起看著,他們兄妹和12個樹精廝殺!瑤瑤不斷的治療她哥哥,他哥哥也一直護著瑤瑤,各種技能使用著變成了消耗戰!一切的戰鬥就好像是電影一樣,看著都過癮,再加上魔法跟本不需要喊話或魔法陣,只要想就可以靠消耗自身的魔力出現,和遊戲一樣~有著看著不同的法術穿插著釋放我心想,應該是有CD一樣的限制吧~

小小:怎麼樣?他倆配合的如何?

小夏:不愧是師傅的徒弟,各方面都很厲害啊!不過,師傅,是你規定的你召喚的時候不許打擾你召喚樹精嗎?為什麼你召喚的時候,瑤瑤不用雷電騷擾,小航不用突擊技能突擊過來斬殺你?你召喚的時候你可是最脆弱的時候,不能解除召喚,所以就等於不能用魔法的法師,任人宰割的!是規定的規則?

小小:沒有,每次我都看小航在一旁等我召喚完在打,我也很來氣,他就是有天賦的個笨笨的戰士,從來不懂戰場上的經驗可以戰勝任何有天賦的人,從來不主動沖過來!所以我就想看看他什麼是能知道這個人道理!所以今天特意讓一個樹精衝過去,看看他如何理解!還有你要做好心理準備啊,他們兄妹,你也看出來什麼什麼水平了!以後合作的話費點心!好好告訴他們一下你知道的!另外,你看看,你瑤瑤是,從來不提示一下哥哥衝過來,就知道幫他哥哥恢復!不過小夏,你倒是很清楚嘛。知道我什麼時候最脆弱!不錯不錯!比起他們倆強多了!你怎麼知道這些的?看你蹲在地上毫無防備的樣子就知道了!衝衝過來打你保證很安全!召喚出來後才有危險!(我當然知道啦,玩過過少RPG網遊,秒殺過多少法師就我心裡偷樂著,不過這樣也不行啊,得找個機會提示一瑤瑤,不不能讓他倆在師傅心中掉價啊)

師傅小小:看了看我說,別亂想偷偷告訴她倆啊!

小夏:側面提示一下總可以吧,師傅!

師傅小小:你提示不就等於告訴了嗎!不許提示!,還有啊,特別是瑤瑤,最不許告訴的就是她,別以為看不出來你很喜歡瑤瑤!還有你剛剛一定在想怎麼偷偷告訴瑤瑤呢吧!你能保證不告她倆,作為交換,我也告訴你個關於瑤瑤的秘密!

小夏:好啊好啊,我保證不告訴她倆,是什麼?快告訴我是秘密啊?

師傅小小:其實………你別被瑤瑤的外表騙了,瑤瑤是個男孩是小航的弟弟,因為別人都對男牧師別人抱有偏見,所以我才幫她換了外表,看起來像個女孩!見過女孩那身高嗎?

小夏:啊?不可能的!師傅你耍我,那種言行舉止,只有真正的女孩還會(身高,有什麼的,我心裡想比瑤瑤還高的在我那有的是)瑤瑤,絕對是女孩!就像師傅說的,真的是男孩,那我也不介意,可以做兄弟嘛!兄弟一樣可以喜歡,就像小航一樣,哥哥照顧弟弟喜歡弟弟也沒什麼啊~

師傅小小:你有這種心態就行了,我也放心以後把瑤瑤交給你了!好了,好了,不逗你了!其實她教你小火球的時候還記得吧,她說了用了我引導她的時候的方法,我可不是那麼教引導她的,我只是拉著著她得手來引導她怎麼成功做出一個火球,可沒像你倆似的十指相扣的靠那麼進啊!再加上瑤瑤平時對待你的表現我和小航在旁邊一直看著你倆!就知道她的小心思了,她說是我的辦法我也沒拆穿她!還有相信她哥哥最近也和你說了些關於瑤瑤的莫名其妙的話吧!所以,你自己去理解怎麼回事吧!好了,你保守這件事是我告訴你的,你也保守打敗我的秘訣!知道了?你敢亂說別怪我亂扣帽子給你!

小夏:師傅,瑤瑤也喜歡我,真的?哈哈哈,今天太開心了!但是她倆總會有知道的那一天的啊!

師傅小小:自己知道的就是她倆的提高,不提高,早晚會害死她倆,你也不想看著她倆出意外吧!

小夏:嗯,知道啦!瑤瑤也喜歡我,太開心了!一定讓他倆自己領悟到,我不告訴她倆,也不暗示~

師傅小小:別開心的樂了!還有,不管你身份是什麼來歷是什麼,一定要記住她倆對你的好!哪怕你與全世界為敵與我為敵,也不能與她倆兵戎相見!知道了嗎?

小夏:知道了~不過師傅你為什麼對她倆這麼好啊?

師傅小小:因為還債~如果不是他父母,現在黑龍江城早就被侵佔了,是他們的父母一直堅持守城到最後一刻才保住了黑龍江城!城才守住!所以我才拿她倆當我的孩子看待,照顧他們~!也許都是註定的,那天我也是特意強調不許她去,一直盯著她!她卻趁我上廁所偷偷跑出去帶回來個不懂語言還失憶的你!都是天意!切記不可與她倆為敵~哪怕是你恢復記憶,不屬於這裡是站在魔物的陣營那邊也一樣!別忘記你今天說的話~

小夏:放心吧,不管我試試什麼人我都不會忘記~嘿嘿嘿(我當然是人類啦,只是你們不知道我來自地球,來自中國,嘿嘿)

師傅小小:好了,快別樂了,她倆過來啦,鎮定點!怎麼?輸了!就這水平還大師呢今天回去好好休息明天6點再來,還是你倆打12個,什麼時候能輕輕鬆鬆勝利什麼時候結束!

(看著瑤瑤失落的眼神,真的好想告訴她,哎,不能不能,師傅的怪不會殺死她倆,但是魔物就同了,我得忍住,女神,加油啊!)

就這樣不知不覺2個月過去了!在這兩個月的時間裡,城裡面的下水道中暗紅的眼眼球光,一直增加從沒沒有停止增加過~

兩個月的時間裡師傅召喚出來的樹精也不斷增加,但是每次都讓他們他們打不贏!這一天突然瑤瑤問!二這這兩個月的時間我一邊和師傅試試使用魔法,一邊看著師傅如何召喚樹精!

瑤瑤:哥,師傅說過她召喚的時候不能進攻她嗎?

小航:沒有啊!那咱倆為什麼等著她召喚?直接過去打啊!等她開始召喚咱倆就衝過去,你用突擊,我雷電打,騷擾她,你靠近了立刻用急速攻擊!這樣不比咱們倆打什麼多只樹精強?

小航:嗯,是個好方法,一會兒咱倆試試!反正師傅也沒說過一定要等她召喚完!要是成功了,在一旁的小夏也能看到,學會!就這樣這次師傅說開始後,瑤瑤立刻立刻她哥哥只加了一個金剛之軀他哥哥就用突擊開始往前衝,而瑤瑤就不斷的用雷電術射擊示師傅!師傅一邊躲閃著,一邊心裡想著,這兩個木頭終於知道怎麼打法師了!瑤瑤一邊用雷電術騷擾這師傅一邊哥哥加輔助,等所有輔助buff都加上了師傅就認輸了!

師傅小小:你們兩個木魚腦袋終於知道打贏我的辦法了?我召喚的時候也是最弱的時候,所以才會需要其他人的保護我完成召喚!而你們整整2個月都一直盯著我召喚完!我多次先派一隻過來騷擾你倆,暗示你倆開始剛剛開始時你倆就應該來直接衝過來,別等我召喚!你倆居然用了2個月的時間才知道這事!你倆知不知道第一次看你倆合作時小夏就問!問我是不是我讓你們等著我召喚完畢的!不是的話,他們怎麼看著你召喚?直接衝過來打你多好!

(這時候瑤瑤斜眼看著我,一副(原來你早知道,那你不早點告訴我打敗師傅的辦法!)

師傅小小:瑤瑤,別斜眼看小夏,是我讓他禁止告訴你倆的,就想看看你倆什麼時候能自己體會,知道咱們打贏我!提前告訴你倆了還算是訓練嗎!

(…….師傅,你太過分了…你告訴我的秘密我又不能和他倆說….)

今天是你們過關的好日子,一會晚上慶祝一下然後放假2天!再準備迎接下一種測試,練習!明天我帶小夏去一趟吉林城!2天後我倆回來,2天應該不發生大事

瑤瑤:師傅,不帶我倆去啊!

師傅小小:帶你倆,誰能幫忙守城?城裡必須要多幾個像你和你哥哥這樣的大戰士和大牧師~(經過打了2個月的打樹精瑤瑤和小小航成功升級到1級+9,瑤瑤也順利的升級到2級了隨著他們倆等級的提升,相應的技能也徹底的晉升到一個新的等級!)師傅小小也自己鍛煉到了3級+1!

師傅小小:你們三個去採購吧,我也該回家去冥想一下,聯繫一下欣欣,告訴她明天我過去,要不然她又得帶一路跑出去練習了!

就這樣,我們上就和師傅分開了,師傅回去冥想了!我們則去採購!

種族介紹人物設定魔物介紹技能介紹法術介紹道具介紹城介紹第一卷返回小說目錄返回動漫壁紙頁返回插畫壁紙頁返回首頁


標籤:小說網站美食網站


上一卷:一個魔法師的傳說004

下一卷:一個魔法師的傳說006



google translate japanese

ボリューム5(習得できない魔法)
さて、あなたの番です!やってみます!また、あなたが想像する火の玉の種類を見たいです!今すぐお試しください!だから、やややさんの言ったことをやって、外の世界の魔法の力と身体の魔法の力を全部感じて、それを集めました! Yaoyaoが今作った火の玉を想像してみてください!案の定、バレーボールのような火の玉が目の前に現れた!成功したというだけで嬉しかったので、火の玉が消火器に吹きかけられたかのように瞬時に消火されました!
やおやお:うん?注意を集中してください!学習を始めたばかりなら、気を散らすことはできません。慣れた後は自然に使用できます〜自分の手を使うように、収集に集中する必要はありません!再び!もう一度やりましたが、うまくいきませんでした!何度も繰り返したが上手くいかなかったが、この時、やややは心の中で(癒し、回復、魔法の防御)と考えながら歩いていった。
それから私は手を引いて、指を噛み合わせた後、私はあなたを助けるだろうと言ったので、火の玉が死なないことを徹底的に感じることができます!一緒にやろう!このように、やおやと私は向き合って立ちました!一緒にお試しください!どこを見ればいいのかわかりませんでしたが、やおやおちゃんがまた近くなりました!私の心を強く叩きましょう!飛び出しそうです!この状況は私の夢だったはずです!しかし、それが起こったとき、私は速く走りたかったです!やおやを見て緊張し、やややの顔が急接近!彼女の胸も私の胸に完全に付着しています!あ〜もうほとんど意識を失いました!この時、八百八郎は一歩下がって何か言ったので、私はあなたに固執して、このようにあなたに教えることができます!いいね!私が試してみます!一緒にやってみよう!今回は非常に速く火の玉が形成されました!でも一瞬で一掃されました! OK?再試行!また同じです!この時、八百八は手放して自分で試してみたらすぐに成功!困惑した表情のヤオヤオ!私と再挑戦し始めました!か否か!この時、ロリの「うーん」を聞いた
やおやお:なぜここにいるの?
Xiaohang:私はトレーニングを終えました〜ねえ、兄弟、私は3つの木の精霊を倒しました、私は疲れきっています!さらに3つあります!ねえ…
やおやお:いつ来たの?
Xiaohang:ねえ、あなたが笑って、2本の指が連動していると言ったとき!にやにや〜
やおやお:うん?顔を赤らめるヤオヤオは怒って言った!じゃあ私に電話しない?二人とも見ましたか?
Xiaoxiao:何ですか?お二人邪魔?
やおやお:いいえ、マスター、来て見てください!彼は魔術師である必要があるとあなたは皆言った、そして私は彼に体の魔法と外の世界の魔法を感じる方法を彼に教えた結果、小さな火の玉でさえ生成できなかった!そもそもあなたが私にインスピレーションを与えた方法を使用しました!
Xiaoxiao:全部見ました!あなたがお互いに触れた場合、2つはそれを作ることはできません!そして、あなたが彼を離れて彼を解放した直後にあなたはスポーンすることができます!やおや、来て彼に治療法を見せて!
やおやお:わかりました、一目でわかりました。すぐにロリに確認しました!
Xiaoxia:ロリ、あなたは火の玉のように空と自分の魔法を感じ、それらを組み合わせて暖かくて暖かい緑色の光を想像し、それを他の人に任せます!
Xiao Xiao:ええ、そうです、精通している人はとても良いです!しかし、あなたは私を何と呼んだのですか?
Xiaoxia:えっ?リトルマスターを教えて!
シャオシャオ:それは私が聞いたものではありません〜
Xiaoxia:..ごめんなさい…次回は敢えてしません〜
Xiaoxiao:ええと…ええと、今回は忘れてください〜私をMaster Xiaoxiaoと呼んでいると言ったので!私もたまたま弟子として受け入れてくれますが、これからは3人で仲良くなり、何かあれば助け合います!
やおやお:うん?本当に!すごい!やおやおめでとう!あなたは何に満足していますか?それはあなたのためだけではない…..
やおやお:すぐに、やおやおは小さな口をふさいで私を見て、へへ、大丈夫です!それをマスターに見せてください!
Xiaoxiao:私の手を離してください、君!
マスターはただ何を言いたかったのかと私は思いました。突然八百八郎が口を覆った?それについて考えないでください、魔法が使えるかどうか見てみてください!やおやおさんの方法でやったところ、たった今青信号が出て、すぐに小さな火の玉のように消えました!あと数回試しましたが、毎回同じ結果でした!
Xiaoxiao:(誰もが困惑した表情を漏らした!)それから彼は私にXiaoxiaと言った、あなたは最初にXinmiに来てしゃがみ込んだ!ご主人の前を通り過ぎてしゃがみました!どんなスキルが欲しいか想像してみてください!
Xiaoxia:追加のスキルとは何ですか?
Xiaoxiao:持っているものすべてに加えて、他に何が欲しいですか?
Xiaoxia:ああ!アニメの経験(盾の英雄のリスト)に基づいて自分で考えました〜経験から判断すると、まだ防御力や血液量が必要です!それからロリは私の頭に手を置いて言った
Xiaoxiao:私はこの人を大きなエルフとして守り、彼を守り、彼の夢が叶うことを望んでいます!話し終わった後、頭から緑色のアイリスが落ちました
Xiaoxia? ? ?なぜdeja vuを感じるように見えるのですか?
突然、ロリが使用していた開口部が粉々になりました!
Xiaoxiao:私を見つめて、あなたはあなたが望むスキルについて考えましたか?
Xiaoxia:考えてみてください!再試行!もう一度壊れた!何度も試してみましたが失敗しました。壊れたものの速度は1回より速いです!これは私のdeja vuの気持ちをさらに強くします!
ヤオヤオ:ヤオヤオとシャオハンは私を見て、マスター、何が起こっているのかと尋ねました。
Xiaoxiao:私の保護者が彼に与えたスキルを拒否するために彼が祝福する保護者を必要としないようにどのように感じているのか私にはわかりません!それは驚くべきことです。スキルはあるが、それを無料で拒否した人はどこにいるのでしょうか。シャオシャオは困惑した顔でこれが今日のケースだと言った!皆さん、まず食べに行きます!午後のトレーニングと会話の後、私たちは一緒にレストランを探しに出かけました、出てきた豪華なランチを見て、私たちはほとんどよだれを垂らしました!早く食べて、しばらく戻ってトレーニングを続ける必要があります!やがて、食べ尽くしてしまいましたが、食べているといつもヤオヤオが迎えに来てくれて、弟でマスターのシャオシャオがはっきり見えました!ヤオヤオは、シャオハンとシャオシャオアシフが奇妙な目で自分を見ていることに気づかなかったし、緊張している私は、気にせず、ただ食べているだけだ!美味しい食事とアフタヌーンティーを飲んだ後、ドライビングレンジに戻りました!
Xiaoxiao:あなたはすべて私と一緒に来ます。兄弟が12本のツリースピリッツをプレイしたら、あなたとあなたの兄弟は協力してチームワークを練習します!
Xiaohang:え? 12?私が一人でプレイしているのは3つではありません。なぜ変更するのですか。攻撃と防御しかできないファイター2人とサポートしかできないプリースト!少数に協力できますか?うまく協力しないと、攻撃性は0になります。あなた一人で、あなたはあなたの妹を守ることができますか? Xiaoxiaが魔法を使うことができれば、3人で一緒に兵士、ウィザード、司祭の標準的な小さなチームと見なすことができます。 Xiaoxiaが魔法を使用できない場合、2人は最初にスペルサポートなしで協力を練習する必要があります。Xiaoxiaが魔法を使用できる場合、参加すると半分の労力で2倍の結果が得られます。そのとき、あなたはあなたの妹だけでなくXiaoxiaも保護します!あなたは知っていますか?これであなたとあなたの妹はレベル2のデーモンを倒すことができます!レベル2 + *に遭遇しました!あなただけでなく、私は私の能力を向上させなければなりません、マスター! Xiaoxiaも来て、どのようにチームワークを見てください!
Xiaoxia:ああ、私もフォローしました! (オーバーウォッチは長い間プレイされていますが、それでも協力の重要性を理解していません。マスターは私を軽視しすぎました)
Xiaohangが訓練したばかりの練習場Xiaoxiaに到着したら、そこに行って、観客用のプラットフォームの下にある、見晴らし台と同じように見える場所を指さしました!歩いてきた!開始!彼が話し終わるとすぐに、主人は木の精霊を召喚し始め、反対側のヤオヤオもシャオハンに能力を追加し始めました!
やおや:キングコングの体、魔法の力の限界、細胞…
この時、主人から召喚された最初の木の精霊が帰ってきて、一気に驚きました! Xiao Hangはすぐに体で木の精霊の攻撃をブロックし、すぐに剣を抜いてYaoyaoを保護しました。Yaoyaoも急いでヒーリングテクニックを使用して兄の回復を助け、兄弟は最初の木の精霊を引き裂き、打ち続けました。この機会に、私の兄弟の能力、細胞強化、細胞強化、穏やかさを改善し続けてください…
突然、ご主人様から召喚された二代目の精霊が駆け寄り、八百尾に直行!このとき、Xiaohangは叫んだ、すぐにやめて、Yaoyao Magic Wall!すぐに、ヤオヤオはツリースピリットの帰路に魔法の壁を築き、ツリースピリットのルートをブロックしました。初期の航海以来、ツリースピリットはまだヤオヤオを攻撃したいと思っていたので、すぐに憎しみの集中力とスキルで木を倒しました。ジン、現時点でヤオヤオは継続的にヒーリングスペルを兄弟にリリースしました!このように、12匹のスピリッツをうまく集めた後、マスターは私のように立ち上がり、私と一緒に見守り、彼らの兄弟姉妹と12匹のスピリッツが一緒に戦っていました!やおやおは兄をいやし続け、兄はやややを守ってきており、様々な技を駆使して消耗戦に変身!すべての戦いは映画のようです。楽しむのも楽しいです。また、魔法には叫び声や魔法陣は必要ありません。好きなだけ、ゲームのように自分の魔法の力を使って、さまざまな呪文が散りばめられています。私の考えを解放させてください、CDのような制限があるはずです〜
Xiaoxiao:どうですか?彼らはどのように協力しますか?
Xiaoxia:彼の修士の弟子の予想どおり、彼はあらゆる面で非常に優れています!しかし、マスター、木の霊を召喚するときに邪魔してはいけないというのがあなたのルールですか?あなたが召喚されたとき、Yaoyaoが雷と稲妻を使用せず、Xiaohangが攻撃スキルを使用して来てあなたを殺さなかったのはなぜですか?あなたが召喚されたとき、あなたは最も脆弱です、召喚をキャンセルすることはできないので、それは魔法を使用できず、他の人に虐殺されるメイジと同じです!規定されたルールですか?
Xiao Xiao:いいえ、私が召喚状が戦うのを待っているXiao Hangを見るたびに、私も非常に怒っています。彼は、戦場での経験を知らない才能のある愚かな戦士で、才能のある人を倒すことができます。あわてない人!だから私は彼がこの人の真実について何を知ることができるかを見たいだけです!だから今日、木の精霊が彼が理解する方法を見るために急いでみましょう!そして、あなたは精神的に準備する必要があります、彼らの兄弟、あなたは彼らがどのレベルかを見ることができます!今後の協力電話のためのスナック!あなたが知っていることを彼らに教えてください!さらに、見て、あなたはヤオヤオです、あなたはあなたの兄弟に急いで急いで行くように決して言いません、あなたは彼の兄弟が回復するのを助けることを知っています!しかし、Xiaoxia、あなたは非常によく知っています。私が最も脆弱な時期を知ってください!悪くない! 2つよりもはるかに良いです!どうやってこれを知っていますか?疑いもなく地面にしゃがんだあなたを見てください!安全であることを確認するために、急いで殴ってください!召喚されてから危険! (もちろん、私はいくつかのRPGオンラインゲームをプレイしたことがあります。数秒でウィザードをいくつ殺してもいいですが、それは良くありません。YiYaoyaoに思い出させる機会を見つけなければなりません。マスターの心に値下げをさせないでください。 )
Xiaoxiaoマスター:私を見て、こっそり教えたくないと言いました!
Xiaoxia:大丈夫ですよ、マスター!
Xiaoxiaoマスター:プロンプトが表示されたら教えてください!ヒントはありません! 、そして、特にヤオヤオは、彼女が言うのが最も許されていない、あなたがヤオヤオが好きであると言うことができないとは思わないでください!ヤオヤオにこっそりと伝える方法を考えていたに違いありません。彼らを訴えないことを約束することができますが、引き換えに、ヤオヤオの秘密もお伝えします!
Xiaoxia:OK、OK、彼らに言わないことを約束します、それは何ですか?すぐに秘密だと教えてください。
Xiaoxiaoマスター:実は… Yaoyaoの外見にだまされてはいけません。Yaoyaoは男の子でXiaohangの弟です。誰もが男性の司祭に偏見を持っているので、私は彼女を助けます。見た目が変わって女の子っぽくなりました!女の子の身長を見たことがありますか?
Xiaoxia:えっ?不可能な!マスター、あなたは私をからかっているのです。本当の女の子だけがそのような言葉や行動をすることができます(身長、何か、私はヤオヤオより背が高いと思います)ヤオヤオ、彼女は間違いなく女の子です!マスターが言ったように、それは本当に男の子です、それで私は気にしません、私は兄弟になることができます!兄弟はシャオハンと同じようにそれを好きになることができます、兄弟が弟の世話をして、弟を好きになることは大丈夫です〜
Xiaoxiaoマスター:この考え方を持っていれば問題ありません。将来、Yaoyaoをお渡ししますので、安心してください!よし、よし、いじめない!実際、彼女があなたに小さな火の玉を教えたとき、彼女は私が彼女を導くのに使用した方法を使ったと言ったのを覚えています。私は彼女をそれほど教えたり、導いたりしていません。火の玉をうまく作る方法を彼女に案内しただけです、しかしあなたのようにお互いに寄りかかっているあなたのようではない!ヤオヤオの通常の扱いと相まって、Xiaohangと私はあなたの両方を傍観しています!私は彼女の注意深い考えを知っていて、彼女はそれが私のやり方だと言いました、そして私は彼女を壊しませんでした!そして、彼女の兄弟が最近ヤオヤオについて不可解なことをあなたに言ったことを信じてください!だから、自分で何が起こっているのかを理解してください!さて、私はあなたがこの問題を守り、私を倒すことの秘密を守ったとあなたに言いました!分かりましたか意味のない話をする勇気はありませんか、帽子をかぶったことで私を責めないでください!
Xiaoxia:マスター、Yaoyaoも私が好きですか?ははは、今日はとても幸せ!しかし、彼らは常にその日を知っています!
Xiaoxiaoマスター:私が知っているのは彼らの改善です。彼らが改善しなければ、遅かれ早かれ殺されます。彼らが事故に遭うのを見たくないのです!
Xiaoxia:そうですね、わかりました!やおやおも私が好きなので、嬉しいです!私は彼らに彼ら自身に気づかせなければなりません、私は彼らに教えませんし、私は提案しません〜
Xiaoxiaoマスター:幸せにならないでください!また、あなたのアイデンティティが何であれ、あなたは彼らがあなたにとって良いことを覚えておく必要があります!あなたが全世界の敵であるとしても、私と戦うことはできません!わかりますか?
Xiaoxia:なるほど〜でも、どうしてそんなに親切なのよ、マスター?
Xiaoxiaoマスター:借金返済のせいで〜もし彼の両親がいなかったら、黒竜江市はずっと前に侵略されていたでしょう、黒竜江市を維持するために土壇場まで都市を守ることを主張したのは彼らの両親でした!街を守れ!だから私は彼らを子供として扱い、世話をします〜!多分それはすべて運命だった、そして私もその日だった

私は特に彼女が行くことを許されず、彼女を見つめ続けたことを強調しました!私がトイレにいる間、彼女はこっそりと走り去り、言葉を理解できず、記憶喪失があったあなたを連れ戻しました!神のみこころです!彼らと敵にならないことを忘れないでください〜たとえあなたがあなたの記憶を回復したとしても、あなたがここに属していないがモンスターのキャンプの側に立っているなら、それは同じです!今日言ったことをお忘れなく〜
Xiaoxia:心配しないで、私が誰にしようとも、私は決して忘れません〜Hehehe(もちろん私は人間ですが、あなたが私が地球から、中国から、heheであることを知りません)
Xiaoxiaoマスター:さて、楽しんでください、彼らはここにいます、落ち着いてください!どうやって?失った!まだこのレベルの達人です。戻って今日はゆっくり休んでください。明日の6時に戻ってきてください。または、2人で12をプレイした場合、簡単に勝てるのはいつですか、いつ終了しますか。
(ヤオヤオの失われた目を見て、私は本当に彼女に伝えたいです、いや、いや、いや、マスターのモンスターは2人を殺しませんが、モンスターは同じです、私は控えなければなりません、女神、来てください!)
知らずに2ヶ月が経ちました!過去2ヶ月間、市内の下水道の濃い赤の眼球は増加しており、増加を止めることはありませんでした〜
2か月の間に、マスターから召喚されるツリースピリッツの数も増加していますが、毎回勝つことはできません!突然この日八百八が尋ねた!この2か月間、私はマスターと魔法を使用しようとし、マスターがどのように木の精霊を召喚するかを見ました!
やおやお:お兄ちゃん、召喚されても攻撃できないって言ってたの?
Xiaohang:いいえ!では、なぜ彼女が電話をするのを待っているのですか?まっすぐに戦いましょう!彼女が私たちの2人を召喚し始めるとき、私たちは急いで行きます、あなたは攻撃を使い、私は雷と稲妻で彼女に嫌がらせをし、近づくとすぐに彼女を攻撃します!これは、私たち2人が戦うものよりも優れていませんか?
Xiaohang:それはいい方法です。後で試してみましょう!とにかく、船長は召喚を待たなければならないと言っていませんでした!それが成功すれば、側のXiaoxiaもそれを見ることができます!このように、マスターがスタートを言った後、すぐにヤオヤオは弟がバジュラ体を追加するだけで、弟は暴行で突進し始め、ヤオヤオは雷と雷でマスターを撃ち続けました!マスターが身をかわすと、彼はこの2枚の木がついにメイジと戦う方法を知ったと考えました!やおやおは雷と雷を使って主人に嫌がらせをし、兄はサポートを追加しましたが、すべてのサポートバフが主人に追加された後、彼女はあきらめました!
Xiaoxiaoマスター:あなたは2人のMuyuヘッドがついに私を倒す方法を知っていますか?召喚するときも最弱の時間なので召喚を完了するには他人の守護が必要!そして、君たちは2ヶ月間私をじっと見つめていた!私はあなたに何度も嫌がらせをするために1人を派遣しました。つまり、あなたが2人が最初に来て直接急いで来るべきだということを暗示しています。それを知るのに2ヶ月かかりました! 2人が一緒に仕事をしているのを初めて見たとき、Xiaoxiaが尋ねたことを2人は知っていましたか?私の召喚が完了するのを待つように頼んだかどうか私に尋ねてください!そうでない場合、なぜ彼らはあなたが電話するのを見ますか?急いであなたを直撃するのはなんて素晴らしいことでしょう。
(現時点では、Yaoyaoが私に目を細めていました(つまり、それを知っていたので、すぐにマスターを倒す方法を教えてくれませんでした!)
Xiaoxiaoマスター:Yaoyao、Xiaoxiaに目を細めないでください、私は彼にあなたに2人に話すのを禁じるように言いました、あなたが2人が自分でそれを体験できるとき、私たちが私を倒すことを知っているだけです!事前に2つを伝えることはまだトレーニングです!
(…マスター、あなたは多すぎる…あなたが教えてくれた秘密は私には言えない…)
今日はあなたが税関を通過し、夕方に祝ってから2日間の休日を過ごすのに良い日です!次のテストの準備をして、練習してください!明日は小霞を吉林市に連れて行きます! 2日後に戻ってきますが、2日以内に大きな事故は発生しないはずです。
やおやお:マスター、そこに連れて行かないで!
Xiaoxiaoマスター:2つ取りなさい、誰が街を守るのを助けることができますか?あなたとあなたの兄弟のような偉大な戦士と偉大な司祭が街にいるはずです〜(2か月間ツリーをプレイした後、YaoyaoとXiaohangはレベル1 + 9に正常にアップグレードされ、Yaoyaoもスムーズですレベル2にアップグレードしました。2つがアップグレードされたため、対応するスキルも新しいレベルに完全に昇格しました!)Xiaoxiaoマスターもレベル3 + 1に自身を訓練しました!
Xiaoxiaoマスター:3人で買い物に行く必要があります。また、家に帰って瞑想し、Xinxinに連絡して、私が明日そこにいることを伝えます。それ以外の場合、彼女はずっと練習しなければなりません。
このようにして、私たちは主人から離れ、主人は瞑想に戻りました!買い物に行きましょう!

種族介紹人物設定魔物介紹技能介紹法術介紹道具介紹城介紹第一卷返回小說目錄返回動漫壁紙頁返回插畫壁紙頁返回首頁


標籤:小說網站美食網站


上一卷:一個魔法師的傳說004

下一卷:一個魔法師的傳說006



google translate english

Volume 5 (Magic that you can’t learn)
Okay, now it’s your turn! You try it! I also want to see what kind of fireball you imagine! Try it yourself now! So, I did what Yaoyao said, and I felt all the magic power in the outside world and the magic power in the body, and then I gathered them together! Imagine the fireball made by Yaoyao just now! Sure enough, a volleyball-like fireball appeared in front of me! I was so happy that I just wanted to say that I succeeded. As a result, my fireball was extinguished instantly as if it was sprayed by a fire extinguisher!
Yaoyao: Huh? Focus your attention! If you just started learning, you can’t distract yourself, and you’ll use it naturally after you get used to it~ Just like using your own hands, you don’t need to concentrate on collecting! Again! I did it again, but it didn’t work! After repeating it countless times, it still doesn’t work. At this time, Yaoyao was so angry that she walked over, thinking (healing, recovery, magic defense) in her heart.
Then I pulled up my hands and said after interlocking my fingers that I would help you, so that you can thoroughly feel how the fireball won’t die! Let’s do it together! In this way, Yaoyao and I stood face to face! Try it together! I didn’t know where to look good, but Yaoyao got so close again! Let my heart thump hard! It’s about to pop out! This situation should have been my dream! But when it happened, I wanted to run quickly! Yaoyao saw my very nervous performance, and Yaoyao’s face suddenly approached! Her breasts are completely attached to my chest too! Ah~ I almost lost consciousness! At this moment, Yaoyao stepped back and said something, and then I can stick to you and teach you just like this! Good good! I’ll try! So let’s try it together! This time the fireball formed very quickly! But it was wiped out in an instant! Ok? Try again! It’s the same again! At this moment, Yaoyao let go of me and tried it by herself and instantly succeeded! Yaoyao with a confused look! Started to try again with me! Or not! At this moment, I heard Loli’s “um”
Yaoyao: Why are you here?
Xiaohang: I’m done training~ Hey, brother, I beat three tree spirits, I’m exhausted! There will be three more! Hey….
Yaoyao: When did you come?
Xiaohang: Hey, when you laughed and said that your two fingers were interlocking! Smirking~hehe~
Yaoyao: Huh? The blushing Yaoyao said angrily! Then don’t you call me? Did you both see it?
Xiaoxiao: What? Bother you two?
Yaoyao: No, Master, come and take a look! You all said that he should be a mage, and I also taught him how to feel the magic in the body and the magic in the outside world. As a result, even a small fireball could not be generated! I have used the method you inspired me in the first place!
Xiaoxiao: I saw it all! You two can’t make it if you touch each other! And you can spawn immediately after you leave him and release him! Yaoyao, come over and show him a cure!
Yaoyao: Okay, I understood it at a glance, I quickly confirmed with Loli!
Xiaoxia: Loli, do you feel the magic in the air and yourself like a fireball, combine them to imagine the warm and warm green light, and leave it to others!
Xiao Xiao: Well, yes, the savvy is very good! But what did you just call me?
Xiaoxia: Huh? Teach you little master!
Xiao Xiao: It’s not what I heard~
Xiaoxia: .. I’m sorry… I won’t dare next time~
Xiaoxiao: Well…well, forget it this time~ Since you said you call me Master Xiaoxiao! I happen to accept you as my apprentice too. From now on, the three of you will get along well and help each other if you have anything!
Yaoyao: Huh? really! Great! Yaoyao said happily! What are you happy about? Isn’t it just for you…..
Yaoyao: In an instant, Yaoyao covered her small mouth and looked at me, hehe, it’s okay! Try to show it to the master!
Xiaoxiao: Let go of me, you boy!
I thought to myself, what did the master just want to say? Suddenly Yaoyao covered her mouth? Don’t think about it, just try to see if the magic can be used! So I followed Yaoyao’s method, and as a result, a green light appeared just now, and it was immediately extinguished like a small fireball! I tried it a few more times, and the result was the same every time!
Xiaoxiao: (Everyone leaked a puzzled expression!) Then he said to me, Xiaoxia, you first come to Xinmi and squat down! I walked over and squatted in front of the master! Now imagine what kind of skills you want!
Xiaoxia: What are extra skills?
Xiaoxiao: In addition to everything you have, what else do you want?
Xiaoxia: Oh! I thought to myself, based on the experience of the anime (the list of the shield heroes)~ judging from the experience, we still need defense or blood volume! Then Lori put her hand on my head and said
Xiaoxiao: I am willing to guard this person as a big elf, protect him and wish him a dream come true! After I finished speaking, a green iris fell from my head
Xiaoxia? ? ? Why do I seem to feel deja vu?
Suddenly, the aperture used by Loli shattered!
Xiaoxiao: Stare at me, did you just think about the skills you want?
Xiaoxia: Think about it! Try again! Broken again! I tried many times but failed, and the speed of one broken is faster than one time! This makes my feeling of deja vu even stronger!
Yaoyao: Yaoyao and Xiaohang looked at me and asked, Master, what is going on?
Xiaoxiao: I don’t know how it feels like he doesn’t need the blessing guardian to reject the skills my guardian gave him! It’s amazing, where can people who have the skills but rejected them for nothing! Xiao Xiao said with a puzzled face that this is the case for today! Everyone, go eat first! After training and talking in the afternoon, we went out to find a restaurant together. Looking at the sumptuous lunch that came up, we almost drooled! Eat quickly, you have to go back and continue training in a while! In a short while, we ate up all the food. Yaoyao always picked me up when I was eating. Her brother and master Xiaoxiao could see it clearly! Yaoyao has never noticed that Xiaohang and Xiaoxiaoshifu are looking at herself with strange eyes, and I, the one who is very nervous, didn’t pay attention to it, just eating! After having a good meal and drinking afternoon tea, we returned to the driving range!
Xiaoxiao: You all come with me. Once your brother will play 12 tree spirits, you and your brother will cooperate and practice teamwork!
Xiaohang: Huh? 12? It’s not three, I’m playing it myself, why did I change it! Two fighters who can only attack and defend and the priest who can only support! Can you cooperate with the few? If you don’t cooperate well, your aggressiveness is equal to 0! On your own, are you sure you can protect your sister? Good cooperation is the most important thing. If Xiaoxia can use magic, the three of you together can be regarded as a standard small team of soldiers, wizards, and priests! Now Xiaoxia can’t use magic, then you two have to practice the cooperation without spell support first, when Xiaoxia can use magic, joining you will get twice the result with half the effort! At that time, you will not only protect your sister but also Xiaoxia! do you know? Now you and your sister have the ability to defeat a level 2 demon! Encountered level 2+*! Not only you, but I have to improve my abilities, Master! Xiaoxia, come, too, and see how teamwork!
Xiaoxia: Oh, I followed too! (Overwatch has been playing for so long and still doesn’t understand the importance of cooperation. Master looked down on me too much)
When I arrived at the practice field where Xiaohang had just trained, Xiaoxia, go there~ and then pointed to the place under the audience platform that seemed to be the same as the viewing platform! I walked over! Start! As soon as he finished speaking, the master began to summon the tree spirit, and Yaoyao on the other side also began to add abilities to Xiaohang!
Yaoyao: The body of the King Kong, the limit of magic power, the cell…
At this time, the first tree spirit summoned by the master came back and caught them by surprise in an instant! Xiao Hang used her body to block the attack of the tree spirit, and then immediately drew his sword to protect Yaoyao. Yaoyao also quickly used the healing technique to help her brother recover, and the brother continued to tear and beat the first tree spirit, and Take this opportunity to continue to improve my brother’s ability, cell strengthening, cell strengthening, calm…
Suddenly the second tree spirit summoned by the master rushed over and ran directly to Yaoyao! At this time, Xiaohang shouted, stop quickly, Yaoyao Magic Wall! In an instant, Yaoyao erected a magic wall on the path of the tree spirit’s return, blocking the tree spirit’s route. Since the early voyage, he saw that the tree spirit still wanted to attack Yaoyao, so she immediately used the hatred concentration and the skill Qianghua to kill the tree. Jing, at this time Yaoyao continuously released healing spells to her brother! In this way, after successfully recruiting 12 tree spirits, the master walked up like me and watched with me, their brothers and sisters and 12 tree spirits were fighting together! Yaoyao continued to heal her brother, and his brother has been protecting Yaoyao. The use of various skills has turned into a war of attrition! All the battles are just like movies. It’s enjoyable to watch. In addition, magic does not require shouting or magic circle. As long as you want, you can use your own magic power to appear, just like a game ~ with different spells interspersed. Let me release my thoughts, there should be restrictions like CD~

I specifically emphasized that she was not allowed to go and kept staring at her! She secretly ran out while I was in the bathroom and brought back you who didn’t understand the language and had amnesia! It’s all God’s will! Remember not to be enemies with them~ Even if you restore your memory, it’s the same if you don’t belong here but stand on the side of the monster’s camp! Don’t forget what you said today~
Xiaoxia: Don’t worry, no matter who I try, I will never forget~ Hehehe (Of course I am a human being, but you don’t know that I am from the earth, from China, hehe)
Master Xiaoxiao: Okay, stop having fun, they’re here, calm down! how? Lost! It’s still a master at this level. Go back and have a good rest today. Come back at 6 o’clock tomorrow. Or if you two play 12, when can you easily win and when will it end!
(Looking at Yaoyao’s lost eyes, I really want to tell her, hey, no, no, the master’s monster will not kill the two of them, but the monster is the same, I have to hold back, goddess, come on!)
Two months passed without knowing it! In the past two months, the dark red eyeballs in the sewers in the city have been increasing and have never stopped increasing~
In two months, the number of tree spirits summoned by the master has also been increasing, but every time they can’t win! Suddenly Yaoyao asked this day! During these two months, I tried to use magic with the master, and watched how the master summoned the tree spirit!
Yaoyao: Brother, did the master say that she can’t attack her when she is summoned?
Xiaohang: No! Then why are we waiting for her to call? Go straight to fight! When she starts summoning the two of us, we will rush over. You use assault, I strike with thunder and lightning to harass her, and when you get close, you will attack her immediately! Isn’t this better than what we two fight against?
Xiaohang: Well, it’s a good way. Let’s try it later! Anyway, the master didn’t say that she must wait for her summoning! If it succeeds, Xiaoxia on the side can also see it, learn! In this way, after the master said the start, Yaoyao immediately immediately her brother only added a vajra body, and his brother started to rush forward with assault, and Yaoyao kept shooting the master with thunder and lightning! As the master dodged, he thought to himself that these two pieces of wood finally knew how to fight the mage! Yaoyao used thunder and lightning to harass the master while her elder brother added support. After all the support buffs were added to the master, she gave up!
Master Xiaoxiao: You two Muyu heads finally know the way to beat me? When I summon, it is also the weakest time, so I need the protection of other people to complete the summoning! And you guys have been staring at me for 2 full months! I have sent one over to harass both of you many times, implying that you two should come and rush directly at the beginning, don’t wait for me to call! It took you two months to find out about it! Did you two know that Xiaoxia asked when I first saw you two work together! Ask me if I asked you to wait for my summon to complete! If not, why do they watch you call? How nice to rush to hit you directly!
(At this time, Yaoyao squinted at me, a pair (So you knew it, then you didn’t tell me the way to defeat the master soon!)
Master Xiaoxiao: Yaoyao, don’t squint at Xiaoxia, I told him to forbid telling you two, just want to see when you two can experience it by yourself and know that we will beat me! Telling you two in advance is still training!
(…Master, you are too much…The secret you told me I can’t tell them…)
Today is a good day for you to pass the customs, celebrate in the evening and then have a holiday for 2 days! Prepare for the next test, practice! Tomorrow I will take Xiaoxia to Jilin City! We will come back in 2 days, and there should be no major incidents in 2 days
Yaoyao: Master, don’t take us there!
Master Xiaoxiao: Take you two, who can help defend the city? There must be more great warriors and great priests like you and your brother in the city~ (After 2 months of playing the tree, Yaoyao and Xiaohang have successfully upgraded to level 1+9, Yaoyao is also smooth Upgraded to level 2. As the two of them have been upgraded, the corresponding skills have also been completely promoted to a new level!) Master Xiaoxiao has also exercised himself to level 3 + 1!
Master Xiaoxiao: The three of you should go shopping. I should also go home to meditate, contact Xinxin and tell her that I will be there tomorrow, otherwise she will have to take all the way out to practice!
In this way, we were separated from the master, and the master went back to meditate! Let’s go shopping!

種族介紹人物設定魔物介紹技能介紹法術介紹道具介紹城介紹第一卷返回小說目錄返回動漫壁紙頁返回插畫壁紙頁返回首頁


標籤:小說網站美食網站


上一卷:一個魔法師的傳說004

下一卷:一個魔法師的傳說006


Related posts

One Thought to “一個魔法師的傳說之第五卷(學不會的魔法)”

Leave a Comment

Translate »